つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/22 ビートルズ作品読解ガイド (POD版)
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー来日公演直前! 最新インタビュー
ポール・マッカートニーの来日公演「ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」が、いよいよ4月25日からスタートする。この公演を前にポール・マッカートニーへの電話取材が実現。“ジャパン・ツアーへの思い”から“音楽に対する情熱”まで、ポール・マッカートニーの最新インタビューの内容をご紹介します。

2017042000474649a.jpg

Q : 2年ぶりの日本武道館公演はどんな感じになるのでしょうか? なぜ再び日本武道館を会場に選んだのか?

ポール : 武道館に関してはすごく良い思い出があるんだ。2年前の武道館公演もそうだし、1966年のビートルズの公演もすごく楽しかったし、武道館はとても良い所だと思う。最初の来日した時の日本のファンは今とはかなり違っていて、良い意味で日本のファンは最近変わってきたと思う。初来日の時はバンドを尊重してくれる気持ちで自分達の演奏をすごく静かに聴いてくれた。最近は良い意味で随分と変わってきて、賑やかに、パーティーをしているような気持ちで聴いてくれているのかなと思います。そういう静かに聴いてくれた日本のファンも賑やかにパーティーをするような感じで聴いてくれる日本のファンも両方好きです。

Q : 日本武道館に特別な意味があるのでしょうか?

ポール : 初来日した時は詳しく日本文化を知らなかった。日本の文化に触れるに従い、西洋と日本は随分と違うことがわかってきた。日本はきれいな国だし、すごく良い国だと思う。初来日の時驚いたのは、日本の女性の方が自分達に席を譲ったり、椅子を動かしてくれたことがあった。イギリスではまずありえないことだよね。グッドアイデアだと思ってその事を当時のイギリスのガールフレンド達に「君たちも見習ったらどうだ」って伝えたら、見事に拒絶されました。日本武道館は武道を行う会場だよね。(ビートルズ初来日当時)ロックを演奏する僕たちが日本武道館のような神聖な場所でプレイする事を快く思っていない方も多かったと思います。ただ僕たちが楽しく演奏することによって、もしかしたらそれが何かのきっかけになって、多くのロックバンドが武道館で演奏することになったのかなと思う。

Q : 5万人の東京ドームと1万人の日本武道館で演奏する違いはありますか?

ポール : 会場の規模に関係なく演奏することが好きなんだよ。ドームのような大きな会場では多くの方に来て観てもらえるし、Live And Let Die のような大掛かりなプロダクションも可能だしね。武道館のような親近感のあるホールで演奏することも好きだよ。最近ではカリフォルニアのパームスプリング近くの小さなクラブでもコンサートを行ったよ。

Q : 今回の日本公演でのサプライズは?

ポール : 日本のファンの方に未だ観てもらえていない演出があるんだ。それを観てもらえるのが楽しみだよ。もちろんみんなが大好きな曲もプレイするよ。

Q : 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の発売から50年、このアルバムはあなたにとってどのような意味を持っていますか?

ポール : すごいことだと思う。あの作品を作ってから50周年経つけれども、自分にとっては5年くらい前に作ったような気持ちにしかなれない。実際に歴史を刻んだ作品だと思うし、仲間とすごく楽しく作れた思い出もあるし、自分にとって“特別”と思える作品だと思う。何より嬉しいのは、50年経っても今でも多くの人がこの作品を聴いて楽しんでくれている、それが素晴らしいことだと思っています。50周年記念盤は音が以前よりもちろんクリアになっているし、さらに良い作品になったと思うし、自分もこの記念盤が出来たことは嬉しいし、ぜひ多くの人に聴いてもらいたいです。とにかくこのアルバムは自分にとって思い出深いアルバムです。

Q : 今回の日本公演でもこのアルバムの曲を演奏しますか?

ポール : プレイするよ!

Q : ツアーも音楽制作もエネルギーを使うと思いますが、どのように体調管理をしていますか?

ポール : 自分はベジタリアンで、食事にすごく気をつけています。毎日1時間くらいエクササイズをしています。だけど、バンドのメンバーと一緒に演奏することが自分にとって一番のエクササイズだと思います。

Q : ニュー・アルバムに関して?

ポール : 今ちょうど半分くらい出来たかな? いろんなタイプの音楽が入る予定です。(プロデューサーの)グレッグ・カースティンは良い奴で、プロデュースをしてくれていて、楽しくやっています。今、4曲くらい出来ています。今年中に仕上げる予定だけど、いつまでに完成というのはなんとも言えないな~ 完成したら日本のファンのみんなにも気に入ってもらいたいな。

Q : 音楽業界の未来をどのように考えていますか?

ポール : どういう音楽であれ、みんな音楽を必要としていると思うよ。ダウンロード、CD、レコード、ストリーム、ラジオなどなど、どういうものであれ「人は良い音楽というものを聴きたがっていて、音楽を必要としている」と思うよ。そういう意味では、どういう形であれ音楽には明るい未来があると思っています。

Q : 今回の来日で楽しみにしていることは?

ポール : 日本に行ってみないとわからないし、今回どれくらい自由な時間があるかわからない。日本が好きだし、日本の文化も好きだし、日本の人はこういう風にするんだ、ああいう風にするんだ、と見ているのも興味深いんだ。友人に「また日本に行くんだ」って話したら、その友人は羨ましがってたよ。

Q : あなたの音楽に対する情熱はどこから来るのか?

ポール : どういう分野であれ、自分が情熱を持っているものに対してはエネルギーを費やせると思うし、それは難しいことではないと思う。友人のデビッド・ホックニー(画家)が「自分が好きなことをやっているとエネルギーが湧いてくる。自分が絵を描いている時は25歳の時に戻れるような気がする」と言っていました。情熱を持てるものに対してはエネルギーが湧いてくる、それは自分もそうだ。音楽に対して情熱があるから音楽を作りたい、音楽をプレイしたいという気持ちが湧いてくるんだ。

Thanks! ニッポン放送

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する