つれづれなるままにサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念盤
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
5/28 15:00~18:00 Tokyo Beatles Week 2017 Vol.0 藤本国彦×真保安一郎 3時間SGTぶっ通し!
6/1 19:30 サージェント・ペパーズ、50年目の真実
6/4 14:00 ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 再現ライブ Live Artist COMMA-DADA
6/9 19:00 アヅ・マッカートニー バースデーライブ2017
6/11 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.9 SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 特集
6/16 19:30 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (4) スタジオ・レコーディングの世界
6/16まで サージェント・ペパーズ発売50周年記念イベント Sgt Peppers At 50 英国
7/5~10 Tokyo Beatles Week 2017
7/7 12:00 リンゴ・スター Love & Peace
7/15 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (5) ライブの世界
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界

BD , DVD
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 Blu-ray
5/31 ポール・マッカートニー with リンゴ・スター&フレンズ Change Begins Within コンサート2009 DVD
7/3 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

デジタル配信
6/1 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper & Beyond

本 , 雑誌 , ムック
6/22 ロック・ビッグバンとサージェント・ペパーズ・シンドローム 1966-1968
6/24 THE BEATLES LYRICS 名作誕生
7/4 ビートルズ語辞典 : ビートルズにまつわる言葉をイラストと豆知識でヤァ!ヤァ!ヤァ!と読み解く
9/21 絵本「Imagine」(仮)

映画
7/1 ポール・マッカートニー パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

LIVE
7/5~26 ポール・マッカートニー 米国
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル

CD
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
年内? リンゴ・スター ニューアルバム (ポール・マッカートニー参加)

アナログ盤
前半 ヨーコ・オノ フライ
前半 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
前半 ヨーコ・オノ 空間の感触
前半 ヨーコ・オノ ストーリー
7月以降 ポール・マッカートニー 全カタログ再発
後半 ヨーコ・オノ シーズン・オブ・グラス
後半 ヨーコ・オノ イッツ・オールライト
後半 ヨーコ・オノ スターピース
後半 ヨーコ・オノ 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 50周年記念エディション


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


74歳ポール・マッカートニー 世界ツアー敢行できる肉体の秘訣
Paul McCartney - One On One

25日、ポール・マッカートニーが東京・日本武道館で「ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」(全4公演)の初日公演を行った。ポールの来日は2015年4月以来2年ぶり。単独では6度目。約30分遅れてポールが姿を現すと「キャー!」と観客は総立ち。1曲目のビートルズの名曲「A Hard Day's Night」から会場は興奮のるつぼと化した。2曲目を終えるとポールは「コンバンハ~、ニッポン! コンバンハ~、トウキョウ、コンバンワ~、ブドウカン」と日本語であいさつ。その後、ソロの楽曲のほか「We Can Work It Out」「Back In The U.S.S.R.」など、ビートルズのおなじみのナンバーで、往年のファンを喜ばせた。「Live And Let Die」ではステージで炎がガンガン噴き上がる過激な演出も。その真横でピアノを弾きながら歌うポールには余裕すらうかがえた。それにしても6月には75歳。日本では“後期高齢者”入りとなるが、その声量はハンパではない。しかも、今でもワールドツアーを敢行している。いったいその体力はどうなっているのか。音楽関係者が話す。「まず、毎日1時間のワークアウトを欠かしませんね。サイクリングにもよく奥さんのナンシーさんと出かけます。2015年に来日した際は日比谷公園に行って、目撃した人がビックリしてました。食べ物にも気をつけていて基本はベジタリアン。まあ、ビートルズを愛しているのが何よりの活力源でしょう」。アンコールではポールが日の丸、他のメンバーがユニオンジャックとレインボーフラッグを持って再登場。最後の「The End」まで全31曲を歌い上げたポールは「また会いましょう!」と締めくくった。衰え知らずのレジェンドは、これからもエネルギッシュに活動しそうだ。

Thanks! 東京スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




          

          

          

Tokyo Beatles Week 2017