つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/22 ビートルズ作品読解ガイド (POD版)
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


フットボールと英国ロックの蜜月関係 レノンやマッカートニーはどこのクラブのサポーターか
ザ・ビートルズ 1962~1966 , 1967~1970

英国ロックのレジェンドたちは、どのクラブのアンセム(応援歌)を歌うのか。4月、言わずと知れたビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニーが6度目の来日公演を果たし、51年前のビートルズ時代にもステージに立った日本武道館と、東京ドームでパフォーマンス。サザンオールスターズの桑田佳祐が鑑賞するなど、多くの話題を集めた。ポールが生まれた英国はフットボール(サッカー)発祥の地でもある。この世界的スポーツはピッチ内外で名だたるミュージシャンたちと浅からぬ縁があるのだ。

ビートルズの聖地はフットボーラーの街
ポールを含めたビートルズのメンバー4人が生まれたのが、英中部リバプールだ。ビートルズの聖地として世界中のファンが訪れる。そんな港町は、ともにイングランド・プレミアリーグの赤がチームカラーのリバプールと、青が代名詞のエバートンの本拠地でもある。このライバル同士が対決する試合は「マージーサイドダービー」と呼ばれ、盛り上がりをみせる。ちなみに、ビートルズ解散後の1973年に発売され、有名曲を網羅した2枚のベスト盤のジャケットの色づかいが興味深い。「ザ・ビートルズ 1962年~1966年」は赤を基調としているため「赤盤」、「ザ・ビートルズ 1967年~1970年」は青のための「青盤」と呼ばれている。「ファブ・フォー」のポール、ジョン、ジョージ、リンゴ。赤か青かそれとも別の色、どちらのサポーターなのか。諸説はあるが、この難題はなかなか解き明かせない。こちらは“ロック界の七不思議”とでも言おうか。

あのロック兄弟は、熱狂的シティーサポーター
英国北西部の工業都市マンチェスターが生んだのは1994年にデビューした歴史的ロックバンドの「オアシス」だ。ソングライティングだけでなく、リード・ギター、そして名実ともにバンドを率いた兄のノエル・ギャラガーと、両腕を後ろ手にしてスタンドマイクをのぞき込むような独特な姿勢でだみ声をうならせるボーカルが特徴的な弟のリアム・ギャラガーの「ギャラガー兄弟」が中軸を担った。バンドが奏でる音楽はまさに、魂が震わされるロックそのもの。普遍的でキャッチーなメロディーに加え、時折、中後期ビートルズをオマージュした編曲を織り交ぜた楽曲の数々。ビートルズの再来とも呼ばれ、世界のロック好きを魅了した。しばしば破天荒な言動が目立つギャラガー兄弟。残念ながら、名物とも言える兄弟げんかが原因で、2009年にバンドは事実上の解散となった。このマンチェスターはイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)とマンチェスター・シティー(マンC)を擁するフットボールどころだ。ギャラガー兄弟はサッカーの好事家。2人が情熱を注いでいるのは、マンUの赤ではなく、マンCの水色。マンチェスター・シティーの熱狂的な古参のサポーターなのだ。ノエルはマンCの2012~13年シーズンにおけるユニホームのモデルを務めたほどだ。さらには驚くべきことに、今季16~17年シーズンからクラブを指揮する名将ペップ・グアルディオラ監督への本格的なインタビューを、16年夏に敢行している。

ミック・ジャガーの呪い
欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトによると、ロック界の大御所「ザ・フー」のボーカリスト、ロジャー・ダルトリーは西ロンドン生まれだが、ロンドンを本拠地とするクラブの応援を「鞍替え」。クイーンズ・パーク・レンジャーズから、強豪アーセナルのファンに転身したという。また、サッカー日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは地元出身のロックバンド「カサビアン」のボーカルのトムとギターのサージが熱狂的サポーターで知られる。世界のサッカー界で語り継がれる逸話を探求すると、こんな都市伝説がある。「ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガーは言わずもがな、ロックボーカリストの永久不滅のロールモデルだ。この73歳のスターがワールドカップ(W杯)で応援したチームが敗退するとされる「ミック・ジャガーの呪い」が存在するという。この迷信の真偽のほどは定かではないが...

Thanks! 産経新聞

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する