つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
LIVE
7/26 ポール・マッカートニー 米国 ティンリーパーク Hollywood Casino Amphitheatre
7/30 ダニー・ハリスン 米国 ニューヨーク Panorama Music Festival
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~11 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

イベント
7/28 19:00~20:30 トーク&サイン会 藤本国彦氏と読むビートルズ
8/5 14:00~15:00 ボブ・グルーエン トークショー
8/5 15:00~16:00 ボブ・グルーエン サイン会
8/6まで 10:00~21:00 ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展 cor porate with FUJI ROCK FESTIVAL
8/6まで 11:00~23:00 ザ・ビートルズ特設コーナー2017
8/20 19:00 サージェント・ペパーズ発売50周年記念トーク・イベント (6) メンバーを取り巻く世界
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

TV , ラジオ
7/31 14:30~16:30 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
8/4 12:00~14:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ
8/13 6:00~8:00 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWライブ
8/20 12:35~14:35 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWシネマ

CD
8/2 ヨーコ・オノ フライ
8/2 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/2 ヨーコ・オノ 空間の感触
8/4 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1964
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

BD , DVD
8/4 It Was Fifty Years Ago Today! The Beatles: Sgt. Pepper Beyond
8/23 サウンドブレイキング / ジョージ・マーティン 他
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

映画
8/5 俺たちポップスター (リンゴ・スター出演)
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

アナログ盤
8/9 ヨーコ・オノ フライ
8/9 ヨーコ・オノ 無限の大宇宙
8/9 ヨーコ・オノ 空間の感触
9/22 リンゴ・スター Give More Love
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

グッズ , ゲーム
8/18 ビートルズ ジャケットコースターセット
9/30 ビートルズ コラボTシャツ

本 , 雑誌 , ムック
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/21 絵本「Imagine」(仮)
2018年 The Beatles: Yellow Submarine


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ポール・マッカートニー、カニエ・ウェストとのコラボレーションなどについて語る
Paul McCartney & Kanye West

21日(英国時間)、24年ぶりのオーストラリア・ツアーを発表したポール・マッカートニーが豪コメディアンのティム・ミンチンとのフェイスブック・ライブ・チャット・インタビューに応じ、前回オーストラリアを訪れた時の思い出や今年で50周年を迎えたアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の裏話などを語った。30分ほどのセッションの内容は多岐にわたった。中でも興味深かったのが若いアーティストとのコラボレーションに影響を受けるかという質問に対する答えで、リアーナとカニエ・ウェストとの共作「FourFiveSeconds」を例に出し、レコーディングの裏話を明かした。ポールはカニエ・ウェストとのコラボに緊張していたそうだ。ポールとカニエは「Only One」「All Day」「FourFiveSeconds」といった楽曲でコラボレーションを行っており、「FourFiveSeconds」にはリアーナも参加している。が、ミーティングの前にはそのプロジェクトに対して自信がなかったと明かしている。「他のアーティストと仕事をするのは好きだよ」というポールは「カニエの場合、マネージャーから電話をもらって、「カニエ・ウェストがあなたと一緒に仕事をしたがっています」って言われたから、「いいよ」って言ってやることになった。最初はちょっと不安だったよ、だって大失敗に終わるかもしれなかったからね。でも、彼が何をするつもりなのか、どうやって作業をするのかに興味をそそられたんだ。案の定、とても興味深い制作過程だったよ。(カニエは)基本的に曲作りをしないんだ。要は話をして、即興でピアノを弾いたりして、それを全部スマホで録音するんだ。で、彼はどこかへ消えて何やら色々いじって、それが彼のレコードになる。だから、基本的には彼の楽曲だよね。でも、やってみてすごくよかったよ。自分はああいうやり方じゃなくて、大抵ギターを使ってやるから、とてもおもしろかった」とカニエの仕事ぶりを明かした。しかし、カニエのやり方には理解できなかったこともあったようで、「レコーディング終了後3か月ほど待ったんだけど、カニエから出来上がった曲について何も連絡がなくて、「おい、どうなってるんだ?」って感じだったんだよ。だから僕はずっと「僕たちの曲は完成したのか? 何かレコードを出すのか?」って聞くべきかずっと悩んでたんだ。それで届いたと思ったらリアーナの曲になっていた。僕は「すごく良いじゃないか!」って思ってカニエに電話して、「これ、僕も参加してるの?」って訊いたら彼が「してるよ。ギターでね」って言うから、「覚えてないよ」って言ったら、「スピードを速めたんだ」って言われたよ。つまり(音を)操作したんだよ。そうやって彼らは音を加工するんだよね...でもさ、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の話もしたんだけど、僕らも加工するのが大好きだったからね。今って、こういうことがたくさんあると思うんだ。今可能なことが当時できていたら、きっと僕らも没頭していたと思う。僕らもちょっと速めただけだからね」。そして、ポールはビートルズについて「僕たちは最高にタイトなバンドだったっていつも言ってるんだ。僕にとってビートルズが貴重なのはそこなんだ。最高にタイトなバンドが限界を超えてどんどん広がって行ったわけだけど、僕たちは集まって、「ワン・フォー・ザ・マネー」ってやれば、みんな分かってた。タイトで良いバンドだった」と回顧している。そして、当時の自分については「サウンドのクオリティよりはレコーディングした当時のこと、若かった自分たちに思いを馳せるんだ。「エリナー・リグビー」みたいな曲を書いた時、僕はまだ20代半ばかそこらだったんだよね。だから今歌っていると「これ、結構いいじゃないか。この若者は悪くないね。この歌詞はいいよ。The face by the jar by the door ...」って思うんだ」とポールは語っている。

Thanks! Billboard Japan and more

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する