つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ダニー・コーチマー&フレンズ(スティーブ・ホリー参加)来日公演レポート
Danny Kortchmar

30日、ダニー・コーチマー&FRIENDSの来日公演がビルボードライブ東京にて行われた。ダニー・コーチマーは米国ロック界の大御所ギタリストで、本当に山ほどのアルバムに参加している。彼の参加作を見れば、彼の地のロックの動きが分かる。そう言っても、決して嘘にはならないだろう。1946年生まれなので現在71歳となるが、ステージ上に元気に現れた彼は実年齢より若く見えた。そんな彼の自己バンド公演(おそらく、日本初となるものではないか)は興味深い奏者を従えて持たれた。ギターと歌のスティーヴ・ポステルはジョン・オーツ(ホール&オーツ)と近いデンヴァーの顔役的な奏者であるし、ベースのボブ・グラウブはまさにベース界のダニー・コーチマーとも言うべき名手。キーボードのジェフ・ヤングは、ずっとジャクソン・ブラウンのもとで弾いている奏者だ。そして、ドラマーのスティーヴ・ホリーはかつてポール・マッカートニーやエルトン・ジョンのアルバムに入っていたことがあった。西海岸ロック~シンガー・ソングライター表現の、生き字引。手作り感覚にあふれるパフォーマンスに触れていると、そんな言葉が浮かんでくる。披露される曲はコーチマーが関与したジャクソン・ブラウンやドン・ヘンリー(イーグルス)やジェイムス・テイラーらの曲が中心で、余裕と技量にあふれた5人が一体となった演奏は豊穣にして、まさに説得力あり。ヴォーカルはコーチマーを中心に、もう一人のギタリストとキーボード奏者も悠々ととった。最後になったが、コーチマーのギター演奏はアトラクティヴ。さすが百戦錬磨の重鎮、さりげない刻みにしても、複音を多用するソロにしても、接していてニコニコとなってしまう。やはりこれは出色のアメリカン・ロックの公演であると、僕は大きく頷いた。なお、ダニー・コーチマー&FRIENDSの公演は本日(31日)ビルボードライブ大阪でも開催される。

Thanks! 佐藤英輔 , Billboard Japan

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する