つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yesterday  Here Today  Go Now
TV , ラジオ
8/22 27:00~28:00 BS洋楽グラフィティー70's (ポール・マッカートニー&ウイングス出演) NHK BSプレミアム
8/25 19:30~20:45 ファミリーヒストリー (オノ・ヨーコ&ショーン・レノン出演) NHK 総合(茨城県地方のみ)

BD , DVD
8/23 サウンドブレイキング (ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョージ・マーティン出演)
10/3 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 海外盤

イベント
8/24まで MUSIC LIFE パネル展
8/25 19:30 ビートルズカフェ
8/25~11/9 センシビリティ アンド ワンダー
8/26 16:00~18:00 ジョン・ドーヴ&モーリー・ホワイト サイン会
8/27 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.11 ポール・マッカートニー「フレイミング・パイ」20周年記念特集
8/27 16:30 石引パブリック1周年記念 トークショー&ライブ もっと!ポール・マッカートニー!
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –Life Cycle– 東京
9/17まで ジュリアン・レノン写真展 Cycle –River Life– 京都

アナログ盤
8/29 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション アビイ・ロード
9/1 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド US盤
9/12 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
9/22 リンゴ・スター Give More Love
9/26 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ラバー・ソウル
10/10 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ザ・ビートルズ (2枚組)
10/24 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション ヘルプ!(4人はアイドル)
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

本 , 雑誌 , ムック
8/31 ビートルズ・ストーリー Vol.9 '70
9/7 悪魔のジョン・レノン
9/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
9/12 隔週刊CD付きマガジン JAZZ VOCAL COLLECTION 36号 ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル
9/21 絵本「Imagine」
2018年 The Beatles: Yellow Submarine

LIVE
9/11~10/2 ポール・マッカートニー 米国
10/13~20 ポール・マッカートニー ブラジル
10/24 ポール・マッカートニー コロンビア
10/28 ポール・マッカートニー メキシコ
12/2~12 ポール・マッカートニー オーストラリア
12/16 ポール・マッカートニー ニュージーランド

CD
9/12 隔週刊CD付きマガジン JAZZ VOCAL COLLECTION 36号 ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル
9/13 ビートルズ ハリウッド・ボウル 1965
9/13 ビートルズ ライブ・アット・ブドウカン 1966
9/15 リンゴ・スター ギヴ・モア・ラヴ
10/6 ダニー・ハリスン IN///PARALLEL US盤
12/15 チャリティー・アルバム (ポール・マッカートニー参加) UK盤
後半? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
後半? ポール・マッカートニー 全カタログ再発

映画
9/24 14:00 ロックショウ・爆音上映
年内? ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内? A Life In The Day

グッズ , ゲーム
9/30 ビートルズ コラボTシャツ
10/1 ビートルズ&ほぼ日手帳2018 コラボ手帳

          

          


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ダニー・コーチマー&フレンズ(スティーブ・ホリー参加)来日公演レポート
Danny Kortchmar

30日、ダニー・コーチマー&FRIENDSの来日公演がビルボードライブ東京にて行われた。ダニー・コーチマーは米国ロック界の大御所ギタリストで、本当に山ほどのアルバムに参加している。彼の参加作を見れば、彼の地のロックの動きが分かる。そう言っても、決して嘘にはならないだろう。1946年生まれなので現在71歳となるが、ステージ上に元気に現れた彼は実年齢より若く見えた。そんな彼の自己バンド公演(おそらく、日本初となるものではないか)は興味深い奏者を従えて持たれた。ギターと歌のスティーヴ・ポステルはジョン・オーツ(ホール&オーツ)と近いデンヴァーの顔役的な奏者であるし、ベースのボブ・グラウブはまさにベース界のダニー・コーチマーとも言うべき名手。キーボードのジェフ・ヤングは、ずっとジャクソン・ブラウンのもとで弾いている奏者だ。そして、ドラマーのスティーヴ・ホリーはかつてポール・マッカートニーやエルトン・ジョンのアルバムに入っていたことがあった。西海岸ロック~シンガー・ソングライター表現の、生き字引。手作り感覚にあふれるパフォーマンスに触れていると、そんな言葉が浮かんでくる。披露される曲はコーチマーが関与したジャクソン・ブラウンやドン・ヘンリー(イーグルス)やジェイムス・テイラーらの曲が中心で、余裕と技量にあふれた5人が一体となった演奏は豊穣にして、まさに説得力あり。ヴォーカルはコーチマーを中心に、もう一人のギタリストとキーボード奏者も悠々ととった。最後になったが、コーチマーのギター演奏はアトラクティヴ。さすが百戦錬磨の重鎮、さりげない刻みにしても、複音を多用するソロにしても、接していてニコニコとなってしまう。やはりこれは出色のアメリカン・ロックの公演であると、僕は大きく頷いた。なお、ダニー・コーチマー&FRIENDSの公演は本日(31日)ビルボードライブ大阪でも開催される。

Thanks! 佐藤英輔 , Billboard Japan

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する