つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


湯川れい子、何事もチャレンジ精神が大事
湯川れい子

第一線で輝き続ける音楽評論家、作詞家の湯川れい子。ずっと走り続けてきたように見えるが、全ての仕事を辞め、休んだ時期があったそう。「女性の音楽評論家なんて存在しなかった時代、経験がなくてもチャレンジするしか仕事を得る方法はなかった」という同氏に、転職や働き方に悩む若者に向けてアドバイスをもらった。

―― 50年以上、音楽の世界でご活躍をされていますが、これまでにお仕事を辞めたいと思ったことはありますか?

湯川 : あります。それどころか、30代のときには「筆を折る」と宣言。持っていたラジオの番組を何本か降板し、すべての仕事を辞めたことがありました。

―― バリバリとお仕事されていた真っ只中だと思いますが、理由は何だったのでしょう?

湯川 : 私の場合は時代の影響が大きかったですね。当時は1960年代の終わり。ベトナム戦争が激化し、音楽がラジカルなメッセージ性を持つようになりました。すっかり世の中は「ロックは反体制の音楽でなければいけない」という風潮になっていって。日本でも反戦フォークがたくさん出てきました。少し前はエルヴィス・プレスリーやビートルズ、モンキーズが人気だったのに、その雰囲気がガラガラと崩れてしまった。東大、早大、京大のロック集会などに呼ばれても「エルビスなんかはロックじゃない!」と言われる。何を言っているんだろう...と腹立たしく思っても、みんな時代の空気にすっかり飲まれていて、何を言っても聞く耳を持たない感じで。音楽雑誌さえ理屈ばかりの原稿が多くなり、音楽の世界が本当につまらなくなってしまったのね。「ああ、私の好きな音楽はもう語れないのかな」と疲れ果ててしまったんです。

―― お仕事を辞めて、どうされましたか?

湯川 : ずっと心に抱いていたことを行動に移しました。「兄が戦死したフィリピンの地を訪ねたい」「小説を書きたい」「子どもも産みたい」―― 。そんなことを考えていたので、良い機会になりました。

―― 今、転職や今後の仕事について考える人たちに言葉をかけるとすれば?

湯川 : 最近の若い人は「この仕事、とても面白そうだからやってみない?」と声をかけても、「いやぁ、結構です」とか「自分にはできないと思います」と答える人がすごく多くてビックリします。だって、チャンスは二度とないかもしれないのに!

―― 何よりもチャレンジする精神が大事?

湯川 : そうなんです。結果を出す自信がないと言いますが、チャレンジしなければいつまでも結果なんて出ませんよね。私が音楽の世界に飛び込んだ頃、女性で音楽評論家なんて職業の人は日本に一人もいませんでした。サンプルもないし、自分にできる、できないなど考えることもなかった。この世界で生きていくために、仕事として確立するためには、英語でのアーティストのインタビューもラジオのDJも音楽の評論も「やりませんか?」と言われたら、経験がなくたって、「やらせてください!」という答え以外、あり得ませんでした。「チャンスがきたら、逃さず受ける」。そして、「絶対に相手を満足させてあげようという気持ちで、精一杯取り組む」。そうすれば、うまくできなくても必ず次があります。

湯川れい子
1960年、ジャズ評論家としてデビュー。早くからエルヴィス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、独自の視点によるポップスの評論・解説を手がけ、音楽評論家として活躍。ディズニーのアニメーション映画「美女と野獣」「アラジン」などの訳詞も手掛ける。また、作詞家としては「ランナウェイ」「六本木心中」「恋におちて」などが大ヒット。最近は、世界的な人気を誇るキャロル・キングの半生を描き、ブロードウェイで人気を博したミュージカル「ビューティフル」の訳詞を担当。主演のキャロル役は、水樹奈々と平原綾香がダブルキャストで務める。7月26日(水)から8月26日(土)まで帝国劇場で上演。

Thanas! 千葉日報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する