つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
本 , 雑誌 , ムック
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
3/24 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.18 ピーター・バラカン出演
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
5/12 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説

CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
4/4 ダニー・アドラー ビット・オブ・ビートルズ
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

アナログ盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


2LP ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト 2月23日米国発売
マニアの間で傑作の誉れ高いラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクトのアルバム The Langley Schools Music Project - Innocence & Despair が2枚組LPにて2月23日に米国で発売されます。ウイングスの「Venus and Mars / Rock Show」「Band on the Run」の名カバー(?)が収録されている洒落心・遊び心満載のアルバムです。先ずは一聴あれ。

The Langley Schools Music Project

The Langley Schools Music Project - Innocence & Despair / ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト 2月23日米国発売
映画「スクール・オブ・ロック」の元ネタとしても知られるチルドレン・ポップスの金字塔。9・11後全米を感動の渦に巻き込んだ話題作が、今再び私たちの心を癒す。2000年6月のある日、米国のFM局に一枚のCD-Rが送られてきた。それはデヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」やウイングスの「バンド・オン・ザ・ラン」、そしてビーチ・ボーイズなどのポピュラー曲をカナダの小学生が歌い、演奏しているという一風変わったものだった。それでもそれを聴いたアーウィン・チュシド(日本ではモンド・ミュージックとも呼ばれたスペース・エイジ・ポップ、ラウンジ・ミュージック流行の影の立役者でもある音楽ジャーナリスト・音楽研究科・ラジオDJ)はいたく感動し、この音楽をより多くの人に伝えたいとCD化に奔走、2001年9月の発売が決定した。しかし発売を目前に迎えた9月11日、ニューヨークで全世界を揺るがす大事件が勃発。発売も危ぶまれたが、アーウィンはこの時期だからこそ彼らの無垢な歌声を聴いてもらいたいと意を決して10月にCDをリリースした。そしてそれは大きな反響を呼び、amazonで1位を記録するなど全米で大ヒットとなる。

Disc 1
You're So Good to Me
To Know Him is to Love Him
Help Me, Rhonda
Space Oddity
I'm Into Something Good
Band on the Run
Rhiannon
Venus and Mars / Rock Show
Saturday Night

Disc 2
Venus and Mars / Rock Show
Good Vibrations
Wildfire
In My Room
I Get Around
The Long and Winding Road
Desperado
Good Vibrations
God Only Knows
Sweet Caroline
Mandy
Calling Occupants of Interplanetary Craft

1976年の「Glenwood Region Music Group」と1977年の「Wix-Brown Elementary School」。後にCD-R音源がアーウィン・チュシドの手に渡り、ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクトと呼ばれることになるこのプライベート・プレスによる2作品は、まさに本当にあった「スクール・オブ・ロック」の記録。何かを勘違いしたカナダの熱血系音楽教師ハンス・フェンガーによって、ブリティッシュ・コロンビア州はラングリー学区のいくつかの小学校の体育館で録音された総勢約60名の児童による教育的ロックンロール・コーラス。完成したレコードは児童や各家庭、友人たちに配られた今や激レア盤として知られています。ポール・マッカートニー&ウイングス、ビーチ・ボーイズ、デヴィッド・ボウイ、イーグルス、ベイ・シティ・ローラーズ、クラトゥなど新旧織り交ぜたロック・クラシックを「やらされ感」満点に歌い演奏する児童達。これを「無垢」と断ずるのは大人の傲慢であり、子供達のヤケクソぶりを鑑賞するのが本作に向かう正しい姿勢かと。といっても子供たちはやっぱり楽しそう。結局、絶望的に純粋で無垢だったのは子供=ピュアだと信じ込んだ先生のほうだったんですよね。

・“世界が「絶望」のさなかにあるからこそ、「無垢」なラングレーの子供たちの歌には、人生をそっとやり直す力があるのではないか”  アーウィン・チュシド
・意外にも感動してしまった小学生たちの歌、騙されたと思ってぜひ一度聴いて欲しい。「この曲がこんなに心に響くとは」、必ず驚くはずです  ピーター・バラカン
・バッキングのアレンジメントには度肝を抜かれたよ。子どもたちの歌声にはひたむきさと悲しみが一体となっている。たとえ優秀なミュージシャンや最高の機材を集めたとしても、こんなに素晴らしい音楽を作り上げることは(そして考え付くことすら)、僕にはできなかっただろう  デヴィッド・ボウイ
・この音楽は美しさであり、真実である。そして今までどんな音楽もできなかった方法で人の心に触れる音楽なのだ  ジョン・ゾーン
・このラングレー・プロジェクトの話を聞いた時、面白そうだけど、多分子どもが体育館で調子っぱずれに歌ってるような感じのものなんだろうなと思ってた。実物を聴いてぶっ飛んだよ。これは理屈抜きに人の心を揺さぶるウォール・オブ・サウンドだ  フレッド・シュナイダー(The B-52s)

Thanks! Bar/None Records

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する