つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for all the best! 30th anniversary
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
11/18~1/28 伝説のロックグループ「ビートルズ」の展覧会 Ladies and Gentlemen THE BEATLES!
11/19 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.14 ウイングス特集 1975~1981
11/19~25 川越・昭和の街にビートルズのチカラ!がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!
11/25 14:00 オール・マッカートニー ~ポール・ザ・ベスト!~ Vol.5 オール・ザ・ベスト発売30周年記念ファン・ミーティング
11/27~12/3 演劇女子部 「一枚のチケット~ビートルズがやって来る~」
11/27 19:00 田家秀樹さん × 藤本国彦さん トーク&サイン会 永遠のビートルズ ― ビートルズの普遍的な魅力とはいったいなんなのか?
12/8~1/8 GIVE PEACE A CHANCE JOHN&YOKO'S BED-IN FOR PEACE 1969 PHOTOGHAPHY BY GERRY DEITT ER JAPAN 2017-2018
12/8 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
12/8 ジョン・レノン追悼イベント Give Peace A Chance!
12/9 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
12/23 14:00 ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for all the best!~
12/24 13:00 ザ・ビートルズ・クラブ クリスマス会 & 忘年会 2017
12/25まで 山野楽器 銀座本店 クリスマスツリー (ハッピー・クリスマス)
1/13 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
1/14 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
2/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
2/16 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム

TV , ラジオ
11/18 22:00~22:50 サージェント・ペパー ~ビートルズの音楽革命~ NHK BS1

CD
11/22 ビートルズ アトランタ・スタジアム1965
12/6 ビートルズ 16タイトル 紙ジャケ/SHM-CD
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8タイトル 紙ジャケ/SHM-CD
12/13 ビートルズ ザ・ロスト・BBC・セッションズ #1
12/13 ビートルズ ザ・ロスト・BBC・セッションズ #2
12/15 チャリティー・アルバム (ポール・マッカートニー参加) UK盤
2018年? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

本 , 雑誌 , ムック
11/29 大人のロック!編 ザ・ビートルズ 源流と進化
12/8 ビートルズはどこから来たのか 大西洋を軸に考える20世紀ロック文化史
12/14 ビートルズ・ストーリー Vol.10 '71
2018年 The Beatles: Yellow Submarine

アナログ盤
12/1 ジム・ジェームス Tribute To (ジョージ・ハリスン・トリビュート・アルバム)
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8タイトル カラーレコード
12/13 ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション 8タイトル LP
12/15 ビートルズ クリスマス・レコード・ボックス
12/15 ビートルズ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (50周年記念ピクチャー・ディスク・エディション) 1LP
12/15 ビートルズ Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 1LP
2018年? ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム
1/19 ジョージ・マーティン George Martin: the Film Scores and Original Orchestral Compositions US盤 2LP+楽譜
1/19 ジョージ・マーティン George Martin: the Film Scores and Original Orchestral Compositions US盤 2LP

LIVE
12/2~16 ポール・マッカートニー オーストラリア、ニュージーランド
12/8 ジョン・レノン追悼イベント Give Peace A Chance!
12/23 14:00 ウイングス祭り WINGSFAN ~Tribute Festival for All the best!~

映画
12/2~29 エル・トポ
2018年? ポール・マッカートニー High In The Clouds
2018年? A Life In The Day

Web配信番組
終了日未定 ザ・ビートルズ: 50年後のサージェント・ペパーズ Netflix

Ladies and Gentlemen THE BEATLES!


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


本 ギター好きが絶対に観ておきたい映画150 10月26日発売
ギター・マガジンが選ぶ「思わずギターが弾きたくなる、珠玉の音楽映画」をまとめた本 ギター好きが絶対に観ておきたい映画150 が10月26日に発売されます。「ロックショウ」が入っていないのが”玉にキズ”ですが、ウイングスの未発表曲が聴ける「ロックンロール・ハイスクール」が選ばれています。

ギター好きが絶対に観ておきたい映画150

ギター好きが絶対に観ておきたい映画150 10月26日発売
思わずギターが弾きたくなる、珠玉の音楽映画を150本を紹介! 数ある音楽映画の中から、ギターやギタリストが登場する作品を専門誌「ギター・マガジン」がセレクトした“ギター映画の本“です。タイムスリップした青年がかき鳴らすロックンロール、恋人たちをつなぐアコースティック・ギターのしらべ、晩年に足を踏み入れた老人がつま弾くブルース、伝説となったギタリストの半生、悩みながらバンドを続ける青春群像。観れば自然にギターを手に取りたくなる、そんなギター映画が盛りだくさんです。さらに大森南朋、三木孝浩(「ソラニン」監督)ら映画関係者のインタビューも収録! (本書はギター・マガジン2013年2月号の特別企画「ギターに恋する映画100」を加筆・再編集を施したものです)

ロマンス、アクション! 名作の影にギターあり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ギター弾きの恋
あの頃ペニー・レインと
ブラック・スネーク・モーン
デスペラード
エル・マリアッチ
ウェインズ・ワールド
ティファニーで朝食を
ブルックリンの恋人たち
ブランカとギター弾き
フォーチューン・クッキー
オー・ブラザー! 

笑いあり涙あり! 音楽を題材にしたストーリー
スクール・オブ・ロック
クレイジー・ハート
ウォーク・ハード ロックへの階段
サウンド・オブ・ミュージック
ONCE ダブリンの街角で
奇跡のシンフォニー
スティル・クレイジー
シング・ストリート 未来へのうた
カントリー・ストロング
オーバー・ザ・ブルー・スカイ
君が生きた証
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
はじまりのうた
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド
すべてをあなたに
ROCKER 40歳のロック☆デビュー
SING/シング
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
タイムズ・スクエア
DOPE/ドープ!!
イエスタデイ
ベルベット・ゴールドマイン
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ロック・オブ・エイジズ
ロック・スター
スパイナル・タップ
テネイシャスD 失われたピックを求めて
ザ・コミットメンツ
ストランペット
バンディッツ
プッシーキャッツ
クライ・ベイビー
ショコラ

豪華絢爛! 大物ギタリストたちがスクリーンに登場
ブルース・ブラザース
クロスロード
ロックンロール・ハイスクール
トミー
ヒューマン・ハイウェイ
メタリカ:スルー・ザ・ネヴァー
フラメンコ・フラメンコ
ブランク・ジェネレーション ~リチャード・ヘル&ザ・ヴォイドイズ~
ロード・トゥ・メンフィス
スーパーフライ
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド
ハイ・フィデリティ
デトロイト・ロック・シティ
トーク・トゥ・ハー
欲望
僕のスウィング
サンダーバード劇場版

波乱万丈! ミュージシャンの生き様を描く
アイ・ソー・ザ・ライト
ウォーク・ザ・ライン/きみにつづく道
永遠のジャンゴ
キャデラック・レコード
ラ★バンバ
アイム・ノット・ゼア
バックビート
コントロール
ランナウェイズ
シュガーマン 奇跡に愛された男
ラブ&マーシー 終わらないメロディー
ジャームス 狂気の秘密
ジャージー・ボーイズ
炎のギタリスト/ジミ・ヘンドリックス
ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男
ドアーズ

音楽映画の王道、実録ドキュメンタリー
ザ・ビートルズ マジカル・ミステリー・ツアー
ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years
クロスファイアー・ハリケーン
ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム
ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~
イマジン/ジョン・レノン
レッド・ツエッペリン 狂熱のライヴ
永遠のモータウン
レス・ポールの伝説
ジミ・ヘンドリックス
キッズ・アー・オールライト
ボーン・トゥ・ブギー
パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト
ジプシー・キャラバン
真夏の夜のジャズ
ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド
ジャニス:リトル・ガール・ブルー
フェスティバル・エクスプレス
ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ
フランク・ザッパ/音楽に愛された男
ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー
ロニー~MODSとROCKが恋した男~
悪魔とダニエル・ジョンストン
リヴ・フォーエヴァー
オアシス:スーパーソニック
COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック
アンヴィル! ~夢を諦めきれない男たち~
メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー
デイ・オブ・ザ・グサノ
ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター
約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~
レッキング・クルー ~伝説のミュージシャンたち~
トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男
黄金のメロディ マッスル・ショールズ
ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間
ラスト・ワルツ
ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
ザ・ブルース・ムーヴィー・プロジェクト

あの時代がよみがえる! 日本の青春バンド・ストーリー
青春デンデケデケデケ
TOO YOUNG TOO DIE トゥーヤング トゥーダイ! 若くして死ぬ
アイデン&ティティ
GSワンダーランド
味園ユニバース
キセキ ―あの日のソビト―
覆面系ノイズ
ソラニン
色即ぜねれいしょん
恋しくて
君と100回目の恋
僕らのワンダフルデイズ
ロッカーズ ROCKERS
BECK
リンダ リンダ リンダ
スウィングガールズ
NANA -ナナ-
デトロイト・メタル・シティ
グミ・チョコレート・パイン
少年メリケンサック
BANDAGE バンデイジ
映画けいおん! 

さまざまな形でギターが登場する作品&ドキュメンタリー(邦画)
20世紀少年〈第1章〉終わりの始まり
ALWAYS 三丁目の夕日 '64
恋の門
ゴーストロード
エリ・エリ・レマ・サバクタニ
流し屋 鉄平
忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~
hide 50th anniversary FILM「JUNK STORY」

銀幕のスターが大活躍! 昭和映画にギターが登場
エレキの若大将
ギターを持った渡り鳥
酔いどれ天使
ヨコハマBJブルース

※ 掲載内容は予告なく変更する場合があります。

仕 様 ソフトカバー
ページ 224ページ
ISBN  978-4845631353

Thanks! リットーミュージック

文庫本 ロック史 10月20日発売
気軽にロックの歩みを一望できる、音楽愛に満ちた入門書 ロック史 が10月20日に発売されます。

ロック史

ロック史 / 北中正和 10月20日発売
20世紀半ばに誕生したロックは、なぜ若者の心を捉え、発展していったのか。本書は、その歩みを丹念に追う「ロック入門書」です。しかし、同時に「音楽の変化も知りたいし、ミュージシャンの過激なエピソードものぞきたいし、レコード産業の裏側も見たいし、ロックを生んだアメリカ社会にも首をつっこみたい」という著者の思いそのままにロックを取り巻く様々な事柄にも触れている「欲ばりな本」でもあります。ガイドとして未知のアーティストを見つけるのはもちろん、アーティストの意外なエピソードに驚くのもよし、音楽産業の変化を学ぶもよし、音楽を生み出した社会背景を知るもよし。ロックの歴史からは様々なことが見えてくるはずです。

■ 1. ロックンロールの誕生
熱狂と非難の中で──エルヴィスの登場
ロックンロールは、どこからどうして生れたか
歌より、誰がうたうかが問題だ
ルーツのひとつ、ブルース
レイス・レコードからR&Bに
カントリー&ウェスタンの黄金時代
「ロック・アラウンド・ザ・クロック」の大ヒット
エルヴィスの中で、黒人音楽と白人音楽は一体となった

■ 2. 反抗のエネルギー
ロックンロールの共通項
ロックの詩人、チャック・ベリー
「ぼく自身が生きた炎なんだ」
豊かな生活に背を向けたビート族
「乱暴者」「理由なき反抗」の青春
反逆のヒーローDJ、アラン・フリード
保守層の反発を買った黒人音楽への肩入れ
新しい消費者の出現
インディ・レーベルの活躍
45回転レコードの普及

■ 3. 「アメリカン・グラフィティ」の時代
なぜ一九五〇年代のヒット曲を使ったのか
ティーン・アイドルの全盛期
ロックンロールが死んだ年
オールディーズ・バット・グッディーズ
プロデューサーやソングライターの台頭
キャロル・キング、ニール・セダカら都会派の活躍
億万長者になったプロデューサー
「恋やセックス以外にも重要なものがあるんだ」
答は風に吹かれている

4. ビートルズ・ブームとソウルの誕生
緊張気味のビートルズを待っていたもの
ビッグ・スターは辺境の地から生まれた
ビートルズの発見者、ブライアン・エプスタイン
ビートルズの宣伝作戦
一位から五位までが、すべてビートルズの曲に
〝反抗〟を売り物にしたローリング・ストーンズ
人の数だけ、ソウルの定義はある
新しい黒人のイメージを作ったモータウン
「黒人であることに誇りを持て」


■ 5. ウッドストック・ネーション
ボブ・ディラン、フォーク・ロックに転身
「サンフランシスコに行くときは……」
ロックンロールからロックへ
ライヴ活動を停止したビートルズ
「愛こそはすべて」
ウッドストック・フェスティヴァルの熱狂
次第に明らかになった〝ユートピア〟
巨大化への道を歩み始めたロック・ビジネス
〝三十歳以上の人間を信用するな〟

■ 6. ロックの成熟
次から次にヒーローは死んだ
「わたしの手の届くところにいてちょうだい」
「火と雨」の混乱をくぐりぬけて
伝統の再発見としてのカントリー・ロック
イギリスのロックの新しい展開
クールで都会感覚のグラム・ロック
黒人音楽の行方を占うヒット曲
ファンクのスーパースター
音のないタイトル曲「暴動」
クロスオーヴァーで、ロックは大人のものに
ロックはエンターテインメントの主流に
多彩な女性ロック歌手の登場
ディスコ・ブームを作った「サタデー・ナイト・フィーヴァー」
ロックと政治・社会問題
誰もがスーパースターになればいいのか

■ 7. パンクとレゲエ
パンクはアメリカで生まれた
きわどい演出が人気を呼んだ、セックス・ピストルズ
〝オレは暴動が欲しい〟
「決してロック・エスタブリッシュメントにならない」
レゲエの誕生
パンクとレゲエの交流
ニュー・ウェイヴとシンセサイザー
新しいタイプのインディ・レーベル
「いきのいい音楽を即レコードにする」
アメリカの不振の中で
パンクの手袋は完全に裏返った

■ 8. マルチ・メディア時代のロック
スーパースターの誕生を助けたMTV
「テレビ・ベイビーの感覚に訴えよ」
黒人ミュージシャンの活躍
バンドと聴衆を結ぶもの

■ 9. 世界音楽の中のロック
インディ・ロックの商業性
ヒップホップの変化と多様化
ダンス・ミュージックとロック
世界史の転換とワールド・ミュージック
社会の変化が音楽のリズムを変える

付録 参考音源リスト

北中正和
1946年奈良市生まれ。京都大学理学部卒。音楽評論家。東京音楽大学非常勤講師。JASPM、MPCJ会員。新聞、雑誌、放送、ウェブ他で音楽を研究・紹介・評論している。ウェブマガジン「ERIS」編集協力。「にほんのうた」「毎日ワールド・ミュージック」「事典 世界音楽の本」など編著書多数。2000年から2012年までNHKFM「ワールド・ミュージック・タイム」DJをつとめた。

ページ 320ページ
ISBN  978-4845631292

Thanks! リットーミュージック

本 洋楽マン列伝1、洋楽マン列伝2 10月21日発売
レコード・コレクターズの人気連載 洋楽マン列伝 が単行本化され、10月21日に2冊同時発売されます。この連載、好きなんです。もちろん2冊とも買います (^ ^)v

洋楽マン列伝

洋楽マン列伝 1 , 洋楽マン列伝 2 10月21日発売
日本にロック/ポップスを紹介した業界人たちの貴重な証言を集成! レココレで1、2位を争う人気連載をついに単行本化して2冊同時発売! 情報の無い時代に日本にロックを紹介したレジェンンドから、1970年代に次々に名盤を送り出してきたツワモノたちまでが登場。レコード会社、放送局、海外アーティスト招聘会社などにいた人たちから、様々なエピソードを聞き出します。聞き手は新聞記者歴40年以上となる篠崎弘。1950~1970年代の洋楽業界人たちによる他に類のない発言集です。

仕 様 ソフトカバー
ページ 368ページ
サイズ 四六判版
ISBN  978-4943959328

Thanks! ミュージック・マガジン

本 増補改訂新版 ビートルズ213曲全ガイド ~THE BEATLESONGS 213~ 10月10日発売
ビートルズが発表した公式213曲に加え、準公式70曲なども合わせた楽曲解説本の最新版 増補改訂新版 ビートルズ213曲全ガイド ~THE BEATLESONGS 213~ が10月10日に発売されます。

増補改訂新版 ビートルズ213曲全ガイド ~THE BEATLESONGS 213~

増補改訂新版 ビートルズ213曲全ガイド ~THE BEATLESONGS 213~ / 藤本国彦 10月10日発売
ビートルズが残した珠玉の遺産、全公式213曲を徹底ガイド。読んで楽しい保存版の増補改訂新版です! わずか8年足らずの活動でビートルズが遺した公式213曲は時代に風化されることなく、現在も魅力を放ち、次世代にも聴き継がれている。又、213曲全てがカバーされていることにもビートルズ・ナンバーがいかに愛されたかがうかがわれる。本書では1962年の「ラヴ・ミー・ドゥ」から1969年の「ジ・エンド」まで、ビートルズが「現役時代」に発表した213曲の聴きどころを、曲の背景・歌詞の意味などを1ぺージに1曲、軽い筆致で見やすくわかりやすく簡潔に解説。作詞・作曲/録音日・発売日/収録盤/発言/主要カバーの完全データだけでなく、代表的なカバー・アーティストも全曲網羅。1958年の「ザットル・ビー・ザ・デイ」から1995年の「リアル・ラヴ」までの準公式70曲も合わせて紹介。213曲をさらに楽しめるコラムも含め、初心者もマニアも楽しめる全曲ガイド。

[ 構成 ]
・表紙のデザイン変更
・CDジャーナル掲載インタビューなど24ページ追加
 ピート・ベスト (ビートルズの元ドラマー)
 ジャイルズ・マーティン (ジョージ・マーティンの息子、「LOVE」のプロデューサー)
 アラン・ラウズ&ガイ・マッセイ (2009年リマスター盤エンジニア)
・ビートルズ213曲を1頁に1曲、聴きどころ&エピソードなどを交えて紹介
・213曲の解説 (作詞・作曲/録音日・発売日/収録盤/発言/主要カバーの完全データ付き)
・213曲以外の準公式70曲も紹介

ページ 288ページ
サイズ A5判
定 価 2000円 (税込)
ISBN  978-4861711336

本「ビートルズ213曲全ガイド」の増補改訂新版、編集に際し、CDジャーナル時代にインタビューしたピート・ベスト、ジャイルズ・マーティン、アラン・ラウズ&ガイ・マッシ―(アビイロード・スタジオのエンジニア)の記事(未掲載分も含めて再構成)や新規コラムなど、24ページを追加しました。本文もあちこち手を入れ、その後の動きなど適宜追加したほか、「おススメのカヴァー」もいくつか変更しました。引き続き増補分のデザインを手掛けてくださったマツダオフィスの松田行正さん・杉本聖士さんほか、お力添えいただいた皆様、ありがとうございます。 発売はジョン・レノンの誕生日(10月9日)にしたかったですが、あいにく(?)祝日なので、10月10日(火)になりました。表紙も「改訂」しました。よろしくお願いします。 (藤本国彦)

Thanks! 音楽出版社


関連Blog
2015/3/17のBlog 本 ビートルズ213曲全ガイド ~ THE BEATLESONGS 213 ~ 3月28日発売


本 英国レコーディング・スタジオのすべて 10月20日発売
ウイングスを始め、ビートルズなどの多くの名曲がレコーディングされたスタジオに関する本 英国レコーディング・スタジオのすべて の発売日が10月13日から10月20日に延期されました。

英国レコーディング・スタジオのすべて

英国レコーディング・スタジオのすべて / ハワード・マッセイ 10月20日発売
黄金期ブリティッシュ・サウンドが生まれた「現場」を知る! 1960~70年代のロック名盤を生んだ、45の録音スタジオと7つのモービル・スタジオの詳細なデータを収録。コンソール、マイク、テープマシン、アウトボード、ルームの様子、スタジオ固有の音響テクニックなどがわかる! エンジニアやスタッフが回想する名盤誕生にまつわる逸話(数多のドタバタ、ひらめき、冷や汗)も掲載。ハワード・マッセイは「ビートルズ・サウンド 最後の真実」の共著者。日本語版は国内外で活躍するレコーディング・エンジニアの井上剛と Kenji Nakai が監修。序文はジョージ・マーティン、翻訳は新井崇嗣。登場する主なスタジオは以下のとおり。

アビイ・ロード
デッカ
フィリップス
パイ
IBC
ランズダウン
アドヴィジョン
CTS
ザ・ミュージック・センター
304ホロウェイ・ロード
オリンピック
トライデント
AIR
サウンド・テクニクス
モーガン
アップル
アイランド
マナー
RAK
ローリング・ストーンズ・モバイル
LMS 他

サイズ B5変型
ページ 528ページ(仮)
仕 様 並製
価 格 4320円 (税込)
ISBN  978-4866470313

※ 書影は原書のものです。

Thanks! DU BOOKS

ロッキング・オン 2017年10月号 本日発売
9月5日発売の ロッキング・オン 2017年10月号 でサンタナ&アイズレー・ブラザーズがビートルズにまつわるエピソードを語っています。

ロッキング・オン 2017年10月号

ロッキング・オン 2017年10月号 9月5日発売
2017年 フジロック&サマーソニック、全記録
2017年夏、今の洋楽シーンのリアルを映し出すアクト達が繰り広げたパフォーマンスを大総括! ゴリラズ、エイフェックス・ツイン、ビョーク、フー・ファイターズ、カルヴィン・ハリスという現代のレジェンド達が揃い踏みしたヘッドライナー勢、更にリアム・ギャラガー、カサビアン、ロード、ザ・エックス・エックスといった大注目のアーティスト達の白熱の、そして鳥肌モノのライブを写真とレポートで振り返る永久保存版56ページ

FOO FIGHTERS
ロックが持つ可能性をひたすらに信じ、険しき道を爆音で切り開いてきた最強のバンド、フー・ファイターズ。進化を止めることのない彼らがリリースする「コンクリート・アンド・ゴールド」は、最もラウドにしてかつ最高のハーモニーを持つ全ロック・ファン必聴の1枚。デイヴ・グロールがアルバム制作の全てを明かす!

CHESTER BENNINGTON
チェスター・ベニントン追悼特集。彼が今年の3月に応じたインタビューを本誌初掲載。「ワン・モア・ライト」収録の“ヘヴィー”に込められた想い、そして自身とリンキン・パーク、音楽の関係性についてチェスターは何を語ったのか。論考記事及び、彼を偲ぶ多数のミュージシャンからのコメント集を同時収録

ARIANA GRANDE
今、最も重要なポップ・アイコン、アリアナ・グランデの来日公演を完全レビュー! 新たな魅力を携え、よりキュートに力強くなった彼女が見せつけたのは、全てを超越する圧倒的な歌の力だった

SIGUR RÓS
シガー・ロス、4年ぶりの単独公演が実現! 最高の音響、そしてクリエイティビティの境地とすら言える照明演出と共に3人のメンバーが創り上げた極上の異空間を堪能

BRUNO MARS
来年4月に来日公演決定! 今からもう待ちきれないブルーノ・マーズの北米公演初日の模様を現地ラスヴェガスからお届け。新時代のキング・オブ・ポップのライブで溢れ出す無限大の楽しさ!

NINE INCH NAILS
よりバイオレントに、よりスリリングに、そしてよりポップな新作EP「アッド・ヴァイオレンス」を発表したNIN。絶好調のトレント・レズナーの取材を奪取! 彼の創造性を突き動かす今という時代について、またデヴィッド・ボウイから受けたかけがえのない影響も明かされる

QUEENS OF THE STONE AGE
マーク・ロンソンをプロデューサーに迎え、最高にクールでダークな新作「ヴィランズ」を完成させた、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ。フロントマンにして、現代のシーンにおける陰のキーマンであるジョシュ・オムを来日時に直撃! どくろの杖を片手に彼は何を語ったか

NOTHING BUT THIEVES
デビュー・アルバムの大成功の後に、存続の危機に陥ったナッシング・バット・シーヴス。彼らは壊れかけたバンドをどう立て直し、どのようにして更に美しい音楽へと昇華させたのか? 新作「ブロークン・マシーン」についてコナーが明かす

SANTANA & THE ISLEY BROTHERS
超プレミアム・インタビュー!! 驚きであり、必然でもあるコラボを果たした、サンタナとアイズレー・ブラザーズが好き放題に歌い、語りまくる! ビートルズ、ジミヘンにまつわる秘話など貴重なエピソードが盛り沢山!


THE NATIONAL
USインディ・シーンの豊饒を象徴するバンド、ザ・ナショナル。クラシックやエレクトロニカの影響を色濃く感じさせながらも、素晴らしいロック・アルバムとなった新作「スリープ・ウェル・ビースト」について訊いた

今月の語るべき1枚
LCDサウンドシステム、復活の新作「アメリカン・ドリーム」。何故ジェームス・マーフィーはプロジェクトを再び立ち上げ、このアルバムを作らざるを得なかったのか、徹底的に語り合います

THE SAM WILLOWS

[CHARACTER OF THE MONTH]
WOLF ALICE

[HEADLINE]
THE ROLLING STONES & MICK JAGGER
FRANK OCEAN
KITTY, DAISY & LEWIS

Thanks! ロッキング・オン

ビートルズ・ストーリー、次号は1971年号 ウイングス登場!
ビートルズの全活動を1年1冊にまとめたイヤー・ブック、ビートルズ・ストーリー 。次号は1971年+1972年合併号、遂にウイングスが登場します! 今からすっごく楽しみです (^^)w

20170831234436420.jpg

と、書いた矢先に藤本さんより、次号はかなりの確率で「1971年単独号になる予定」と教えて頂きました。単独年号で密度の濃い本が読みたかったので嬉しいです (^ ^)v

Thanks! ビートルズ・ストーリー

ムック ビートルズ・ストーリー Vol.9 ’70 本日発売
ビートルズの全活動を1年1冊にまとめたイヤー・ブック ビートルズ・ストーリー Vol.9 '70 が8月31日に発売されます。

ビートルズ・ストーリー Vol. 9 '70

CDジャーナルムック新刊 ビートルズ・ストーリー Vol.9 '70 / 藤本国彦 8月31日発売
昨年はビートルズ来日50周年、今年は名盤「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」発売50周年と、ビートルズ旋風はまだまだ続きます。本書もシリーズ9冊目となり、いよいよビートルズ解散の1970年を大フィーチャーします。バンドからソロへと軸足が変わっていくビートルズの動向を詳細にまとめます。どうぞご期待ください。

巻頭カラー ~ 貴重写真で楽しむビートルズ
特集 : ビートルズ解散
・解散の顛末
・日本のメディアはビートルズ解散をどう伝えたか
・「ゲット・バック」と「レット・イット・ビー」
フィル・スペクターとビートルズ
概論1970年のビートルズ
ビートルズ・ダイアリー : 1970年を振り返る
映画「レット・イット・ビー」
アルバム解説「レット・イット・ビー」「レット・イット・ビー...ネイキッド」
1970年のビートルズ・サウンド
1970年の全曲解説
1970年のレア音源
1970年の映像作品
特集2 : 70年のビートル・アローン ~ ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ
ソロ・アルバム解説
・センチメンタル・ジャーニー
・マッカートニー
・カントリー・アルバム
・オール・シングス・マスト・パス
・ジョンの魂
ソロ・シングル解説
ビートルズが教えてくれた
レコスケくん
僕とリアルタイムのビートルズ
ポールがジョージにジョンずにリンゴの絵を描いた
写真家とビートルズ : イーサン・ラッセル
ビートルズ・サウンドを奏でた楽器 他

サイズ A5判
ページ 136ページ
定 価 1400円 (税込)
ISBN  978-4861711671

シリーズ9冊目の「ビートルズ・ストーリー'70」、今回はビートルズ解散~ソロ活動開始の時期がかぶるため、ソロ・アルバムも含め、さらにネタの詰まった1冊になりました。これで1962年から70年の“現役時代”は出揃うことになりますが、この勢いのまま71年以降も続けますので、引き続きご愛読のほど、よろしくお願いします。 (藤本国彦)

Thanks! 藤本さん


関連Blog
8/12のBlog ムック ビートルズ・ストーリー Vol.9 ’70 8月31日発売


雑誌 デジファイ No.27 サージェント・ペパーズ特集 8月29日発売
DigiFi No.27

デジファイ No.27 サージェント・ペパーズ特集 8月29日発売

巻頭特集 ドナルド・フェイゲン&スティーリー・ダンをハイレゾで検証
本号の表紙および巻頭を飾るのは Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017 などのために来日するドナルド・フェイゲン&ザ・ナイト・フライヤーズ。フェイゲンおよびスティーリー・ダンの熱心なリスターである音楽評論家・宮子和眞と小原由夫が、ディスクやデジタルファイルを持ち寄り、彼らの音創りの真髄に迫ります。小原がこの取材のために選んだシステムにもご注目ください。

特集 チャンピオンモデルを探せ!
30万円以下 DSD11.2MHz 対応D/Aコンバーター18機種ガチテスト。PC と手軽に接続できる USB DAC は、ここのところがぜん注目を浴び、DSD 11.2MHz などハイスペックな音源に対応するモデルも増えてきました。そこで30万円以下という現実的なプライスタグが付いた製品を18機種揃え、「10万円未満」「10万円~20万円」「20万円~30万円」の3クラスに分けて”ガチテスト”を実施。さあ、チャンピオンに輝くモデルは!?

ステレオイメージとは何か? 後編

説得力のある音 フォーカル SHAPE Series誕生

デジファイ付録を楽しむ! DIY女子部篇Part 2

連載 買わないことには始まらない

Headphone BIBLE ヘッドホン&イヤホンの最新トレンド
ヘッドホン、イヤホン、ポータブルプレーヤーなど、近頃すっかりパーソナルな音楽スタイルが定着しました。そこで今号から、この分野の最新動向に迫る新企画がスタート。第1回はヘッドホン界を取り巻くトレンドに加え、1万円台のイヤホンから約600万円(!)のヘッドホンシステムまで、全9モデルをご紹介します。

FitEar カスタムインイヤーモニター製作リポート(後編)

ハイレゾポータブルプレーヤー ブラインドテスト
26号でお届けした、5万円~10万円クラスのハイレゾポータブルプレーヤーを対象としたブラインドテスト。今号はそれに続き、10万円以上のプレーヤーをテストしました。テスターはボーカリストのアユコ×小原由夫のお二人。馴染みの音源を熱心に聴きみ、二人の感性がぶつかり合います!

特集 自宅テストで炙り出す! 話題のハイレゾコンポーネントの本質
(1)リンKLIMAX DS/3 & KLIMAX DSM/2
(2)LUMIN S1&U1
(3)OPPO Digital UDP-205
(4)DELA N1ZS20/2

ビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
最新リミックス音源を高品位システムで体験! 鈴木惣一朗 × 和田博巳
リリース50周年を記念し、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が最新リミックスで生まれ変わったのは、みなさんもご存知でしょう。和田博巳&ビートルズマニアの鈴木惣一朗がデジファイ試聴室に組まれた3組の高品位システムで、今までにない「ペパーズ」をガッチリ体験しました。


DigiFi Interview PSオーディオ

連載 ハイレゾ探検隊

21世紀のアナログワールド
Side A マイ・ファイに勝るものなし!
Side B URCレーベル全12作がカセットで復刻

スペシャルハイレゾサンプラーDVDの再生方法

連載 音楽リスニングスタイル革命の行方 第六回 ジェイ・コウガミ

特別付録 ハイレゾサンプラーDVD付
好評をいただいているハイレゾサンプラーDVD、今号はソングエクス・ジャズ篇です。2010年に創立されたこのレーベルはアーティストの招聘なども実施。また、レコーディング/マスタリングは作品ごとにスタジオを吟味して、作品に寄りそった音創りを目指しています。今回収録の3曲は、STUDIO Dede / Dede Airが中心となって制作に携わっています。DVDにはソングエクス・ジャズの3曲に加え、好評いただいている「Stereo Sound Hi-Res Reference」から「Greensleeves」の3フォーマット(44.1kHz/16ビット・WAV / 192kHz/24ビット・WAV / 11.2MHz/1ビット・DSF)を収録。それぞれの音の違いをご堪能ください。

Thanks! ステレオサウンド

レコード・コレクターズ 2017年10月号 9月15日発売
9月15日に発売される レコード・コレクターズ 2017年10月号 にリンゴ・スターの最新インタビューが掲載されます。

レコード・コレクターズ 2017年10月号

レコード・コレクターズ 2017年10月号 9月15日発売
■ 特集 作詞家・松本隆の世界
はっぴいえんどのドラマーであり、稀代の作詞家/プロデューサーとして、日本のポップ/ロック史上最重要人物の一人である松本隆が、本誌特集に初めて登場します。松本が全作詞を担当し、冨田恵一がプロデューするクミコ with 風街レビューの発売を機にロング・インタヴューが実現。キャリア全編を通した松本作詞の名曲100選をピックアップするとともに、その魅力をさまざまな角度から掘り下げます。乞うご期待。
松本隆・インタヴュー
クミコ with 風街レヴュー
松本隆の名曲100選
そのほかのお勧めのもう1曲
松本隆ヒストリー~職業作家時代~プロデュース仕事
松本隆の歌詞の魅力とは

■ 特集 T・レックス
豪華日本人メンバー参加のトリビュート・アルバム「T.Rex Tribute ~Sitting Next To You~ presented by Rama Amoeba」発売と、過去タイトルもリイシュー
T・レックスの再評価が高まる
トリビュート・アルバム
オリジナル・アルバム・ガイド

カラー リンゴ・スター・インタヴュー
新譜をリリースするリンゴに電話での直撃インタヴューが実現


■ チープ・トリック
■ キャロル・キング「つづれおり」
■ ペット・ショップ・ボーイズ
■ 二ール・ヤング「ディケイド」「ヒッチハイカー」
ドキュメンタリーDVD「soundbreaking」
■ フィル・コリン(デフ・レパード)インタヴュー
■ 永井博・インタヴュー
■ ケニー・ランキン 他

Thanks! ミュージックマガジン



クリスマス・レコード・ボックス

7インチシングル集 クリスマス・レコード・ボックス [直輸入盤仕様]
7インチシングル集 クリスマス・レコード・ボックス [輸入盤]

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1LP 50周年記念ピクチャー・ディスク・エディション [直輸入盤仕様]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1LP 50周年記念ピクチャー・ディスク・エディション [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1LP 50周年記念エディション [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 2LP 50周年記念エディション [直輸入盤仕様]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 2LP 50周年記念エディション [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1SHM-CD 紙ジャケ
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 4SHM-CD+Blu-ray+DVD スーパー・デラックス・ボックス・セット
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 2SHM-CD
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1SHM-CD
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 4CD+Blu-ray+DVD [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 2CD [輸入盤]
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 1CD [輸入盤]

紙ジャケ SHM-CD プリーズ・プリーズ・ミー
紙ジャケ SHM-CD ウィズ・ザ・ビートルズ
紙ジャケ SHM-CD ハード・デイズ・ナイト
紙ジャケ SHM-CD ビートルズ・フォー・セール
紙ジャケ SHM-CD ヘルプ!
紙ジャケ SHM-CD ラバー・ソウル
紙ジャケ SHM-CD リボルバー
紙ジャケ SHM-CD サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
紙ジャケ SHM-CD マジカル・ミステリー・ツアー
紙ジャケ SHM-CD ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム)
紙ジャケ SHM-CD イエロー・サブマリン
紙ジャケ SHM-CD アビイ・ロード
紙ジャケ SHM-CD レット・イット・ビー
紙ジャケ SHM-CD パスト・マスターズ
紙ジャケ SHM-CD ザ・ビートルズ 1962年~1966年 (赤盤)
紙ジャケ SHM-CD ザ・ビートルズ 1967年~1970年 (青盤)

ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ

ポール・マッカートニー / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(レッド)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(レッド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ラム / ポール&リンダ・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(イエロー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(イエロー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

バンド・オン・ザ・ラン / ポール・マッカートニー&ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ホワイト)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ホワイト)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ヴィーナス・アンド・マース / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(レッド&イエロー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(レッド&イエロー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

スピード・オブ・サウンド / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(オレンジ)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(オレンジ)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

マッカートニーII / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(クリア)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(クリア)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

タッグ・オブ・ウォー / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ブルー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ブルー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

パイプス・オブ・ピース / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(シルヴァー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(シルヴァー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

上記8タイトル・セット(ユニバーサル・ミュージック・ストア限定発売) / ポール・マッカートニー&ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(8色)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付

ポール・マッカートニー/アーカイヴ・シリーズ