つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
アナログ盤
4/21 ジョージ・マーティン Beatles to Bond and Bach
5/18 スリリントン ~ ポール・マッカートニー「RAM」オーケストラ・ヴァージョン
5/18 ウイングス・グレイテスト・ヒッツ
5/18 ポール・マッカートニー ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード ~ 裏庭の混沌と創造
5/18 ポール・マッカートニー NEW
6/8 Life In 12 Bars (ビートルズ、ジョージ・ハリスン曲収録)
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

TV , ラジオ
4/22 12:20~14:15 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years WOWOWライブ

本 , 雑誌 , ムック
4/23 ビートルズ・ストーリー '72 + '73
4/26 名盤レコーディングから読み解くロックのウラ教科書 The Stories behind The Great Recordings
6/20 ウェルカム! ビートルズ (電子書籍版)
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

イベント
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国
4/27 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> ビートルズを読むためのコード進行の基礎 Please Please Me
4/27 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> Please Please Me
5/18 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> With the Beatles
5/18 19:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第4弾 永沼忠明(永沼ッカートニー)
5/18~2019/4/22 Double Fantasy – John + Yoko 英国
5/25 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> With the Beatles
5/25 19:30 Mike's Garage Vol.1 激突 Beatles vs Stones そして、祝ピーター・アッシャー来日!
6/1 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> A Hard Day's Night
6/8 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> A Hard Day's Night
6/9 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/15 ビートルズ全曲、ほぼ完全分析 <春編> Beatles for Sale
6/22 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
6/23 19:30 Mike's Garage Vol.2 ザ・フー
6/30 19:30 Mike's Garage Vol.3 ザ・ベンチャーズ
7/14 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
7/14 19:30 Mike's Garage Vol.4 ビートルズ (松村雄策)
8/11 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
9/8 13:00 ビートルズ・アローン 1962~1970 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの魅力を徹底解説
10/1~8 藤本国彦と行くロンドン+リバプール・ビートルズゆかりの地めぐりの旅

Blu-ray , DVD
4/24 Rock and Roll Hall of Fame : In Concert (ポール・マッカートニー、リンゴ・スター参加) US盤 Blu-ray
4/24 Rock and Roll Hall of Fame : In Concert (ポール・マッカートニー、リンゴ・スター参加) US盤 DVD 4枚組
4/24 Rock and Roll Hall of Fame : In Concert (ポール・マッカートニー、リンゴ・スター参加) US盤 DVD 2枚組
7/11 アンナチュラル Blu-ray Box
7/11 アンナチュラル DVD Box

映画
4/28 13:00~ 地球はお祭り騒ぎ
春 Concert For George 米国
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
5/23 ライヴ映画 ウイングス ”ロックショウ” 本当に最後のライヴ絶響上映@Zepp東阪
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版> 英国、アイルランド
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版> 米国
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day

CD
5/15 ザ・ビートルズ① プリーズ・プリーズ・ミー
5/15 ザ・ビートルズ② ウィズ・ザ・ビートルズ
5/15 ザ・ビートルズ③ ハード・デイズ・ナイト
5/15 ザ・ビートルズ④ ビートルズ・フォー・セール
5/15 ザ・ビートルズ⑤ ヘルプ!
5/15 ザ・ビートルズ⑥ ラバー・ソウル
5/15 ザ・ビートルズ⑦ リボルバー
5/15 ザ・ビートルズ⑧ サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
5/18 紙ジャケ スリリントン ~ ポール・マッカートニー「RAM」オーケストラ・ヴァージョン
5/18 紙ジャケ ウイングス・グレイテスト・ヒッツ
5/18 紙ジャケ ポール・マッカートニー ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード ~ 裏庭の混沌と創造
5/18 紙ジャケ ポール・マッカートニー NEW
6/8 Life In 12 Bars (ビートルズ、ジョージ・ハリスン曲収録)
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

LIVE
6/2~7/11 リンゴ・スター&オール・スター・バンド 米国、欧州
6/2 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 神奈川
6/3 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 愛知
6/6~7 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 大阪
6/9 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 高知
6/15~17 LET IT BE ~レット・イット・ビー~ 東京
6/27~29 ピーター・アッシャー 東京
9/1~29 リンゴ・スター&オール・スター・バンド 米国

ビートルズ・ストーリー '72 & '73



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


黒柳徹子、ポール・マッカートニー東京公演へ 2年前の感動が忘れられず
黒柳徹子 - 2017.4.29 東京ドーム

ポール・マッカートニーが One On One Tour 2017 日本公演を4月25日の日本武道館から4月27日・29日・30日の東京ドームまでやり遂げた。2015年の来日公演に続き2年ぶりとなるが、どちらも体験した人々から「さらにパワーアップした」という声が聞かれる充実ぶりだ。黒柳徹子は4月29日に 黒柳徹子 tetsukokuroyanagi Instagram で「これから、東京ドームでポール マッカートニーのコンサートが、始まる」と会場での1枚を公開している。「2年前にも見たんだけど、凄かった」という彼女は「3時間、一度も引っ込まず、お水も飲まず、椅子にも掛けず、歌いっぱなし!」とそのステージを思い出す。「残った者の務めとは、こういうものかと、深く感動した。だから、今日も来た。ワクワク」と開演を心待ちにしていた。ポールは2013年11月にも Out There! Japan Tour 2013 で来日している。黒柳はその際も、年下のポール(当時71)がおよそ3時間もの舞台を明るく元気に振る舞い、何より優しいことに感銘を受けたと話していた。「生き残った者のすべき仕事というのは、こういう姿を見せることなんだな」という思いはその時から変わらない。今回の来日公演も多くの著名人が感銘を受けており、音楽プロデューサーでベーシストの亀田誠治は最終日の4月30日に 亀田誠治 Seiji Kameda ツイッター で「声と涙枯れるまで歌ったー。シアワセシアワセシアワセ」とつぶやいた。彼が「同じツアーを何度も見ているのに、毎度感動して号泣して生き返る! 明日から人生を頑張ろうと思えるのは、ポールがいまだに進化しているからに違いない!」という感覚は、黒柳の視点でいう「生き残った者のすべき仕事」の表れではないか。

Thanks! Techinsight Japan

ポール、ありがとう!
ポール・マッカートニー - 2017.4.29 東京ドーム

Thanks! Paul McCartney

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017 遂に終幕
ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017

ポール・マッカートニーの最新ツアーの一環として、4月25日よりおこなわれていた ワン・オン・ワン・ジャパン・ツアー2017 が4月30日の東京ドーム公演をもってフィナーレを迎えた。一夜限りの日本武道館公演、そして2日間の東京ドーム公演を大盛況に終え、迎えた最終日。この日もやはりビートルズの「A Hard Day's Night」でショーは幕を開けた。前回同様、ポールのMC時にはサイドのモニターに同時通訳が映し出されるスタイルだが、積極的に日本語を話そうとしてくれるポールの心意気が嬉しい。今回も「コンバンハ!」「サイコー!」などはもちろん「ゴールデンウィーク」「トーキョードーム」さらには「ビートルズ」まで、きっちり日本風のカタカナ発音で披露してくれたポール。さらに、今回の来日ツアーで日本のファンへのサプライズとなったのが、ポール自ら「ニホンハツコウカイ」と紹介した「I Wanna Be Your Man」のソロ・パフォーマンスだ。同曲は1963年にレノン&マッカートニーがローリング・ストーンズに提供したナンバーで、ビートルズにおいてはリンゴがリード・ボーカルを担当したライブの定番曲。1966年の日本武道館公演で披露されたこともあり、ポールはこの曲を日本のファンへの“プレゼント”に選んでくれたのだろうか。また、ビートルズにとって初のレコーディング曲だと語り、前身クオリーメン時代の楽曲「In Spite Of All The Danger」披露も、今回のツアーのひとつの目玉となった。ビートルズ、ウイングス時代のヒット・シングルはもちろん「Blackbird」の弾き語り、ジョンとジョージのトリビュート、最新アルバム「NEW」からの楽曲披露など、基本的には前回の来日ツアー(アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015)を踏襲した構成となったが、そこに新入りを果たしたのが、2015年に音楽シーンの話題をさらったリアーナ、カニエ・ウェストとの異例のコラボ曲「FourFiveSeconds」だ。これをポールの歌声で聴けるのは非常に貴重であり、最新ツアーならでは。そして、ショー終盤にはお約束のステージ大爆発「Live and Let Die」、そして本編のフィナーレには、観客のサイリウムが一斉に揺らめき「ヘイ・ジュード」の大合唱、アンコールは「Golden Slumbers ~ Carry That Weight ~ The End」のアビイ・ロードB面メドレーという近年おなじみの展開で締めくくられた。前回の来日公演時より、ポールとオーディエンスとの一体感が何倍にも増しているように感じたのは、公演最終日だからか、あるいはここ数年の間に何度かポールを体験しているオーディエンスが増えたからか。老若男女、誰もがみなリラックスして、自由にショーを楽しんでいるように見えた。そして、もちろん今回も盤石のバンド陣を従え、一切衰えのないパワフル&チャーミングなステージを披露してくれたポール。アンコールの際、ドームの屋根に大きく映し出された「ARIGATO PAUL」「PLEASE COME BACK!!」は、そこにいた5万人の総意であることは言うまでもない。ポールもまた「マタアイマショウ!」という最高の言葉をファンに残し、紙吹雪の舞うステージを去っていった。

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017
4月25日(火) 日本武道館
4月27日(木)、29日(土・祝)、30日(日) 東京ドーム


Thanks! Billboard Japan

ポール・マッカートニー、離日 英国へ
take-san

Thanks! take-san

マタ・アイマショー!
Paul McCartney

Thanks! Paul McCartney

ポール・マッカートニー、帰国の途に
湯川れい子

Thanks! 湯川れい子

セットリスト ポール・マッカートニー 4月30日 東京ドーム
東京ドーム

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー 2017 4月30日 東京ドーム
ア・ハード・デイズ・ナイト
ジュニアズ・ファーム
キャント・バイ・ミー・ラヴ
ジェット
テンポラリー・セクレタリー
レスポールに持ち替えて、レット・ミー・ロール・イット ~ フォクシー・レディ
アイヴ・ガッタ・フィーリング
ピアノに移って、マイ・ヴァレンタイン
今回も「WINGSFAN!」の後に、西暦1985年
ハートのささやき
アコギに持ち替えて、恋を抱きしめよう
イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デインジャー
ユー・ウォント・シー・ミー
ラヴ・ミー・ドゥ
アンド・アイ・ラヴ・ハー
ブラックバード
ヒア・トゥデイ
マジックピアノで、クイニーアイ
NEW
フール・オン・ザ・ヒル
レディ・マドンナ
アコギに持ち替えて、FourFiveSeconds
エリナー・リグビー
ヘフナーに変えて、アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
サムシング
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
バンド・オン・ザ・ラン
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
ピアノで、レット・イット・ビー
007/死ぬのは奴らだ
マジックピアノで、ヘイ・ジュード

[アンコール]
アコギで、イエスタデイ
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リプライズ)
ゲット・バック
ファンをステージにあげる
ハイ・ハイ・ハイ
ゴールデン・スランバー ~ キャリー・ザット・ウェイト ~ ジ・エンド (ギターソロは5回まわし。少なかった)

ポール・マッカートニー - 2017.4.30 東京ドーム

Thanks! Paul McCartney

セットリスト ポール・マッカートニー 4月30日 東京ドーム サウンドチェック
blues jam > Honey Hush
One After 909
All My Loving
Let 'Em In
Miss Ann
On My Way to Work
San Francisco Bay Blues
Midnight Special
Ram On (は恐らく此処)
Lady Madonna (short version)

最近は オモムロに Les Paul で始まるんじゃなく、5分ほど blues chord をジャムってから、切れ目無く一曲目の R'n'R を歌い出すんだそうです。

Thanks! Sonny Boy McFitzson

ポール・マッカートニーの日本にまつわる5つの話
ポール・マッカートニー - 2014.5.15 羽田空港

4月25日に武道館、27日に東京ドームでライヴを行い、29日、30日に東京ドームでも公演が控えているポール・マッカートニー。ポールが初めてソロ名義で東京公演を行ってから四半世紀が経つが、今なお現役で世界中のファンを感動させている。そんなポールの日本にまつわる5つの話を紹介。

1. ベルリン公演の舞台に上げたのは日本人親子
昨年6月に行われたアウト・ゼアー・ツアーのベルリン公演。日本からの参戦者もおり、会場も毎度のごとく大いに盛り上がった。そんなベルリンで開催されたコンサートでポールがステージに上げたのは現地のファンではなく、まさかの日本人親子。その親子はビートルズのアルバム「サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のジャケットでポールとジョン・レノンが着ていた服のコスプレをしており、ポールの目に留まった。ちなみに日本人親子の父親が掲げていた横断幕には「僕の息子がポールのために5日日間学校を休んだんだ。だから、欠席証明書にポールのサインがほしい」というものだった。

2. 日本公演が収益No.1に
ポールのツアーは全世界で行われているが、日本はほかの国に負けないほど1回の動員数が多い。2015年中頃に行われたコンサートで一番収益を得たのはワン・ダイレクションでもなくテイラー・スウィフトでもない、ポールのアウト・ゼアー・ツアー東京公演だったと Pollstar が発表した。

3. 大阪公演で世界初パフォーマンス
2015年のアウト・ゼアー・ツアーの大阪公演では初めて新曲「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」を披露。しかもポールは演奏前に「次は世界初公開」と日本語で紹介し演奏をした。この「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」はゲーム「デスティニー」のために制作した楽曲。

4. 来日時、妻ナンシーのジャケットに注目
2017年4月23日、数百人のファンに迎えられ妻のナンシーとともに来日を果たしたポール。そんな来日時にファンが注目したのは、ナンシーが着ていたブルーのジャケット。実はこれ、1980年にポールがウイングスとして来日公演を行ったときのもので、ナンシーの胸には「Japan Tour '80」と書かれている。このジャケットは約30年以上もの間、ポールが保管していたのかと話題になった。

5. 武道館は特別な場所
ポールにとって武道館は1966年にビートルズが最初で最後の来日をしたときに公演した舞台。ビートルズが1965年に発売したアルバム「ヘルプ」に収録されている「アナザー・ガール」をライヴではじめて演奏したのも武道館だった。

Thanks! FRONTROW

ポーリーを探せ!
明日以降、順次撤去予定の東京メトロの看板に続き、都内に設置中のビルボードも今日までの掲載です。昨日、少し映像を撮ったので掲載します。グッズ購入待ち時間などお手隙の時にでもポールを探してみて下さい。

初級編 JR水道橋駅前

中級編 JR有楽町駅横

上級編 JR浜松町駅横 最初に小さく映っています

Thanks! キョードー東京



ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ #2

ウイングス・グレイテスト・ヒッツ / ウイングス
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ブルー)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ブルー)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

スリリントン ~ ポール・マッカートニー「RAM」オーケストラ・ヴァージョン / パーシー”スリルズ”スリリントン
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(英国初回盤LPをミニチュア再現)、解説・英文ライナー翻訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(マーブルド)、解説・英文ライナー翻訳付、日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・英文ライナー翻訳付、日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(マーブルド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード ~ 裏庭の混沌と創造 / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(EU初回盤LPをミニチュア再現)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ゴールド)、解説・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ゴールド)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

NEW / ポール・マッカートニー
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様(EU初回盤LPをミニチュア再現)、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(ピンク)、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、英文ライナー翻訳・歌詞・対訳付
輸入盤 CD デジパック仕様
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(ピンク)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

上記4タイトル SHM-CD セット
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様 ユニバーサル・ミュージック・ストア
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様 ディスクユニオン
日本盤 SHM-CD 紙ジャケ仕様 タワーレコード<オンライン限定>

上記4タイトル LP セット
日本盤 LP 直輸入盤仕様、カラー・ヴィニール(4色)、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯/日本初回盤CD帯の意匠を可能な限り再現した巻き帯付
日本盤 LP 直輸入盤仕様、ブラック・ヴィニール、解説・歌詞・対訳付、日本初回盤LP帯/日本初回盤CD帯の意匠を可能な限り再現した巻き帯付
輸入盤 LP カラー・ヴィニール(4色)
輸入盤 LP ブラック・ヴィニール

ポール・マッカートニー・アーカイヴ・シリーズ #2

ウイングス・グレイテスト・ヒッツ

スリリントン

ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード

NEW