つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Wings Greatest 40th anniversary
01 | 2018/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Yesterday  Here Today  Go Now
イベント
2/18 12:00 ビートルズのチカラ! 東北「復興」ツアーライブ
2/18 12:30 ビートルズ・アナログ鑑賞会 Vol.17 スペシャル企画
2/23 19:30 本人が語るアナログ盤NIGHT vol.3 小原礼が語るアルバム“黒船 / Sadistic Mika Band”
2/25 15:00 青猫書房 モノラル・レコードを聴く会 ビートルズのリアルタイムの音を聴く
2/25 18:30 レコスケと祝おう ~ ジョージ・ハリスン生誕祭 2018
2/27~3/29 本秀康展「ロックとマンガ」
3/10 13:00 ビートルズ・アルバム・ヒストリー 1966-1970 「リボルバー」から「レット・イット・ビー」まで
3/11 17:00 藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント
3/11まで ジョージ・ハリスン アイ・ミー・マイン展
3/11まで ロックの殿堂ジャパンミュージアム
4/8 FOOL On The HOLIDAY
4/8まで ONTEN ~LOVE + ROCK ビートルズ × 忌野清志郎~
4/24~5/5 Lennon's Banjo 英国

本 , 雑誌 , ムック
2/22 ビートルズ作品読解ガイド (POD版)
2/24まで The Beatles 音源徹底分析(一部内容) 無料ダウンロード
2/26 麗しき70年代ロック・スター伝説 8ビートギャグ リターンズ (ビートルズ・ネタ掲載)
3/6 MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド
3/9 ジョン・レノンの流儀(仮) 1964-1980 対話録
3/12 ウェルカム! ビートルズ 1966年の武道館公演を成功させたビジネスマンたち
3/19 ヒプノシス全作品集
年内 ジョン・レノン Imagine
年内 The Beatles: Yellow Submarine

CD
2/23 Concert For George Deluxe Box Set + Test Pressings US盤
2/23 Concert For George Exclusive Deluxe Edition US盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 2CD+2Blu-ray
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD+2DVD
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤 2CD
2/28 ビートルズ ザ・コンプリート・スタークラブ・テープス1962
3/28 グレープフルーツ イエスタデイズ・サンシャイン ロンドン・セッションズ 67-68
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

アナログ盤
2/23 コンサート・フォー・ジョージ 輸入盤・限定盤 4LP
2/23 ラングレイ・スクール・ミュージック・プロジェクト The Langley Schools Music Project US盤
年内 ジョン・レノン Imagine (拡張盤)
年内 ヨーコ・オノ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Blu-ray , DVD
2/23 Concert For George US盤 2CD+2Blu-ray
2/23 Concert For George US盤 2CD+2DVD
3/28 演劇女子部 一枚のチケット ~ビートルズがやってくる~

グッズ
3/31 ビニールフィギュア ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、イエロー・サブマリン

映画
5月 犬ヶ島 (オノ・ヨーコ声優参加)
7/8 イエローサブマリン <新デジタル・リマスター版>
秋 ビートルズ The Beatles in India
年内 ポール・マッカートニー High In The Clouds
年内 A Life In The Day


カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


ビデオレポート ONTEN ~ビートルズ×忌野清志郎~

衣装など400点以上の展示に加え、リンゴスターのドラム・レッスンなど、ファン必見のビートルズ展と、ギターや9メートルもの大作の絵画など「イマーノワールド」を堪能できる忌野清志郎展が2月10日(土)から大阪・ATC 特設会場ITM2Fで同時開催中です。9日(金)に行われたプレス内覧会に編集部のレポーター・新城重登が潜入! 動画レポートでじっくりお届けします♪

Thanks! Kansai Walker , 米村さん

ニック・ジョナス、ビートルズのアコースティック・カバーを披露

Nick Jonasさん(@nickjonas)がシェアした投稿 -


ニック・ジョナスがバレンタイン・デーにちなんで、ビートルズによる「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」のアコースティック・カバーを自身のインスタグラムに投稿した。同曲はブロードウェイ・ミュージカル「ミュージック・マン」の挿入歌で、後にポール・マッカートニーがリード・ボーカルをとり、ビートルズがカバーしている。ニックはキャプションに「大好きなラブ・ソングの一つをシェアしようと思うんだ...“ミュージック・マン”からの #TillThereWasYou のビートルズによるバージョン。皆がホリデー・ムードに浸れるように」と綴っている。

Thanks! Billboard Japan

カニエ・ウェスト、インスタ復活 ジョン&ヨーコの画像を投稿
カニエ・ウェスのインスタグラム

昨年5月、連続で99枚の写真を投稿するなどして話題を集めていたインスタグラムと、頻繁に更新していたツイッターを突如削除したラッパーでデザイナーのカニエ・ウェストがSNSに帰ってきた。バレンタインデーに合わせてインスタグラムを開設したカニエは「HAPPY VALENTINES DAY BABE」と綴られた文字を写した写真を皮切りに、計55枚の写真を立て続けに投稿。バレンタインデーだけに、妻でモデルのキム・カーダシアンとの写真をはじめ、ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、マイケル・ジャクソンとリサ・マリー・プレスリー、デニス・ロッドマンとマドンナ、レニー·クラヴィッツとリサ·ボネット、ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット・スミス、ノトーリアス・B.I.G. とフェイス・エヴァンスなど有名カップルの写真が並んでいる。開設からわずか1日にも拘らずすでに260万を超えるフォロワーを獲得。今後のカニエの動向に注目が集まりそうだ。

Thanks! WWD JAPAN

NME Awards 2018 発表 サージェント・ペパーズ 受賞ならず
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド -50周年記念エディション-

14日(英国時間)、NMEアウォーズ2018の授賞式が英ブリクストン・アカデミーで開催され、全受賞者が発表された。リイシュー・オブ・ザ・イヤー部門にノミネートされていたビートルズのアルバム「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」は惜しくも受賞を逃し、レディオヘッドの「OK Computer OK Not OK 1997-2017」が受賞した。今年のNMEアウォーズはリアム・ギャラガーがゴッドライク・ジーニアス賞を受賞し、キャリア全体に及ぶセットリストを披露した他、最優秀アルバム賞はJ・ハスの「コモン・センス」が受賞している。授賞式はステフロン・ドンとスケプタによる「Ding-a-Ling」のパフォーマンスで幕を開け、アルト・ジェイは「In Cold Blood」を披露し、ペール・ウェーヴスはNMEアンダー・ザ・レーダー賞を受賞した後、デビュー・シングル「There's A Honey」を披露している。ガービッジのシャーリー・マンソンはNMEアイコン賞を受賞し、グライム集団のボーイ・ベター・ノウはNMEイノヴェーション賞を受賞している。他にもロイル・カーナー、ザ・ビッグ・ムーン、ロードらが賞を受賞している。全受賞者の一覧は以下のとおり。

Best British Band - Alt-J
Best British Solo Artist - Loyle Carner
Best New Artist - Stefflon Don
Best Live Artist - Kasabian
Best Track - Boys / Charli XCX
Best International Band - Haim
Best Mixtape - No Bullshit / Avelino
Best Album - Common Sense / J Hus
Best Collaboration - I Know You / Craig David and Bastille
Best Festival - Glastonbury
Best Film - Baby Driver
Best Music Video - Sucker / The Big Moon
Under The Radar Award - Pale Waves
Best Festival Headliner - Muse
Best International Solo Artist - Lorde
NME Icon - Shirley Manson
NME Innovation Award - Boy Better Know
Godlike Genius - Liam Gallagher
Best Book - Eskiboy / Wiley
Best TV Show - Stranger Things 2
Best Reissue - Radiohead, ‘OK Not OK'
Best Small Festival - Festival Number 6
Music Moment of The Year - One Love Manchester
Best Music Film - Gaga: Five Foot Two
Hero of the year - Ariana Grande
Villain of the year - Piers Morgan

Thanks! NME


関連Blog
1/18のBlog NME Awards 2018 ノミネート発表 リイシュー・オブ・ザ・イヤーにサージェント


メタリカ、ポール・マッカートニーに続き Polar Music Prize を受賞
メタリカ

メタリカが“音楽のノーベル賞”とも呼ばれるスウェーデンの栄誉ある音楽賞 Polar Music Prize を受賞することが発表された。ヘヴィ・メタル・バンドでは初となる。主催者は「メタリカはロック・ミュージックをこれまでなかった場所へ連れ出した。メタリカの世界では、ティーンエイジャーの寝室もコンサート・ホールもヴァルハラ(北欧神話の主神オーディンの宮殿)に変わることができる。妥協を許さないアルバムの強さは、多くのリスナーの疎外感をスーパー・パワーに変える助けとなった」とコメントしている。授賞式は6月14日(現地時間)にストックホルムで開かれる。メタリカは賞金100万スウェーデン・クローナ(約1340万円)を彼らが設立したチャリティー All Within My Hands 基金へ寄付するという。Polar Music Prize は1992年に設立され、ポール・マッカートニーを初の受賞者に、ディジー・ガレスピー、作曲家/ピアニストのヴィトルト・ルトスワフスキ、クインシー・ジョーンズ、指揮者のニコラウス・アーノンクール、エルトン・ジョン、チェロ奏者/指揮者のムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ジョニ・ミッチェル、ブルース・スプリングスティーン、レイ・チャールズ、ラヴィ・シャンカール、スティーヴィー・ワンダー、ボブ・ディラン、シンセサイザーの創始者ロバート・モーグ、B.B.キング、レッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド、ピーター・ガブリエル、ビョーク、エンニオ・モリコーネ、パティ・スミス、ポール・サイモン、ヨーヨー・マ、チャック・ベリー、スティング、ウェイン・ショーターらが受賞している。

Polar Music Prize

Thanks! Ako Suzuki

TV ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years 本日放送
2016年9月に公開された映画 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years が2月14日にWOWOWで放送されます。

ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years

ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years 2月14日 11:30~13:30 WOWOWライブ
伝説的バンド、ザ・ビートルズが1960年代にたどった軌跡を「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督が貴重な映像・音源などを駆使して描いた力作ドキュメンタリー作品。英国のバンド、クオリーメンはメンバーチェンジを経て1960年、ザ・ビートルズと改名して再出発するが、無名時代はドイツのハンブルクで多忙な毎日を過ごした。しかし、1962年にデビュー曲「ラヴ・ミー・ドゥ」を発表した後、母国だけでなく世界中を熱狂に巻き込むほどの人気バンドになる。彼らはワールドツアーで日本など世界各地に向かうが、バンドがカリスマ的になり過ぎたことに対してジレンマを感じるようになり...

原題 The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years
出演 ザ・ビートルズ、ウーピー・ゴールドバーグ、エルヴィス・コステロ、リチャード・レスター、浅井慎平
監督 ロン・ハワード
製作 ロン・ハワード、ブライアン・グレイザー、ナイジェル・シンクレア 他
脚本 マーク・モンロー
制作 2016年 英国
時間 109分
放送 字幕版、5.1ch

Thanks! WOWOW

ポール・マッカートニー、今年のウルフ賞の音楽部門を受賞
20180213222150041.jpeg

12日(現地時間)、イスラエルのウルフ財団は今年のウルフ賞芸術部門(音楽)の受賞者の一人にポール・マッカートニーを選出したと発表した。ウルフ賞はイスラエルの外交官リカード・ウルフが1978年に設立した賞で、農業、化学、数学、医学、物理学、芸術の6部門で目覚ましい功績を残した人物を毎年表彰しており、過去の受賞者がその後にノーベル賞を受賞しているケースが多いことからノーベル賞の前哨戦とも呼ばれている。ウルフ賞を主催するウルフ財団はポール・マッカートニーについて「歴代で最も偉大なソングライターの1人」と評し、「近代音楽に大きな影響力を及ぼした貢献」を受賞理由として挙げている。もう一人の受賞者はハンガリー出身の指揮者アダム・フィッシャーで、「影響力のある指揮者であり、雄弁な人権保護活動家」であると財団は述べている。芸術部門は毎年音楽、建築、絵画、彫刻の順に選定される。又、今年の化学部門では米カリフォルニア大学のオマー・ヤギー教授との共同研究で、東京大学の藤田誠教授がウルフ賞を受賞したことも明らかになっている。受賞理由としては「大きな空孔をもつ錯体の創出につながる金属駆動集合の原理解明」が挙げられている。ウルフ財団は、受賞者にそれぞれ10万ドル(約1080万円)の賞金を授与するが、主催者によると、財団は既にポール・マッカートニー側に受賞の一報を知らせているという。現時点では、5月にイスラエルで行われる授賞式にポール・マッカートニーが出席するかは明らかになっていない。

Thanks! NME Japan and more