つれづれなるままにWINGSFAN
Tribute Vlog for Paul McCartney & Wings
12 | 2019/01 | 02
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Yesterday  Here Today  Go Now



カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

東日本大震災被災者支援

ウルトラマン基金 ULTRAMAN FOUNDATION

プロフィール


wingsfan

Author:wingsfan

ポール・マッカートニー&ウイングス
のトリビュート LIVE フェスティバル
WINGSFAN をプロデュースしてい
ます。このブログは私が日常生活
の中で興味を持ったことやウイン
グスや WINGSFAN などに関する
情報などを毎日掲載しています。 

wingsfan@wingsfan.net


幻のライヴ映像「ブルース・マクマウス・ショー」海外劇場公開
The Bruce McMouse Show

ウイングスのライヴとネズミの一家のアニメをフィーチャーしたポール・マッカートニーの幻の映像作品「ブルース・マクマウス・ショー」の劇場公開が決定した。非公開とされてきたポール・マッカートニーの映像作品「The Bruce McMouse Show(ブルース・マクマウス・ショー)」が1月21日(現地時間)に世界4ヵ国の劇場で公開される。伝説のプロジェクトではライヴ映像と共にマッカートニーをはじめとするウイングスのメンバーとアニメーションで描かれたネズミ、ブルース・マクマウスとの交流が描かれている。作品の予告編も公開され、北米では11の劇場で上映がはじまる。上映予定の劇場の一覧や、チケット情報などの詳細は 公式サイト をチェックしよう。「ブルース・マクマウス・ショー」の目玉は1972年のヨーロッパツアーでウイングスが訪れたオランダとドイツでの4公演の映像だ。映像を観たマッカートニーは、かねてから温めていたネズミの一家というアイデアと組み合わせることを決め、アニメーターのエリック・ワイラムと共にマクマウス家に命を吹き込んだ。しかし、映像の制作には数年がかかり、1977年に「ブルース・マクマウス・ショー」が完成した頃には、ウイングスのメンバーも音楽性も変わっていたので、お蔵入りという判断が下されてしまった。「ブルース・マクマウス・ショー」は「Big Barn Bed」を演奏するウイングスの映像で始まる。さらにカメラはステージから、マクマウス家が暮らすアニメの世界へと旅をする。ブルース・マクマウスが昔の思い出を家族に語っているところに息子が駆け込み、上でウイングスがライヴをしていると伝えるのだ。バンドには自分が必要だと思ったブルースはプロデューサー役を引き受け、ライヴは続く。アニメのネズミたちが会場に押し寄せ、演奏を楽しむ、という内容だ。「ブルース・マクマウス・ショー」には声優としてポール・マッカートニー、リンダ・マッカートニー、俳優のデレク・ガイラー、パット・クームス、デレック・ニモが登場する。監督はバリー・チャティントンが務めている。



Thanks! Rolling Stone Japan

ステラ マッカートニー、2019-20年秋冬メンズ・コレクション
ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)が2019-20年秋冬メンズ・コレクションを発表した。ご覧のとおり、ビートルズがデザインされています。

STELLA McCARTNEY 2019-20年秋冬メンズ・コレクション

STELLA McCARTNEY 2019-20年秋冬メンズ・コレクション

STELLA McCARTNEY 2019-20年秋冬メンズ・コレクション

STELLA McCARTNEY 2019-20年秋冬メンズ・コレクション

STELLA McCARTNEY 2019-20年秋冬メンズ・コレクション

STELLA McCARTNEY 2019-20年秋冬メンズ・コレクション

STELLA McCARTNEY 2019-20年秋冬メンズ・コレクション

↓これはウイングスっぽくて好きだなぁ...
STELLA McCARTNEY 2019-20年秋冬メンズ・コレクション

Thanks! WWD JAPAN

第8回 ミートフリーマンデー・ナイト 2月1日開催
本件イベントは、おかげさまで定員に達したため、予約受付を終了させていただきます。多数のご予約ありがとうございました! (ミートフリーマンデーオールジャパン 2019.1.21 追記)

第8回 ミートフリーマンデー・ナイト

第8回 ミートフリーマンデー・ナイト
日 時 2月1日(金) 19:00~22:00
会 場 nu dish (03-6263-2320 東京都中央区銀座4-8-4 三原ビル1階)
費 用 2000円 (ワンドリンク&ミニヴィーガンプレート代込み)
主 催 ミートフリーマンデー・オールジャパン事務局
後 援 日本ベジタリアン協会、アニマルライツセンター、ベジプロジェクトジャパン、ヒューメインリーグジャパン、グリーンカルチャー、SEE THE SUN、ニッコクトラスト(英国MFMサイト掲載企業)
申込方法 mfm.all.japan@gmail.com より事前登録の上、当日お支払いください。メールには「参加希望」と明記した上で、氏名と連絡先(メールや携帯など)をお書きください。
その他 定員(約60名)となり次第、締め切りとさせていただきますので、予めご了承ください。

ポール・マッカートニーや英国MFM本部にも認められている日本で唯一のベジ&音楽イベント「ミートフリーマンデー・ナイト」を今年も引き続き開催していきます。第8回目となる今回は、2月1日(金)19:00より、今話題のヴィーガン・レストラン nu dish(@銀座) で開催します。毎回、ビートルズ&ウイングス・ナンバーのライヴ演奏や美味しいヴィーガン料理をお供に、ベジ・ノンベジ関係なく楽しく交流していますので、みなさん、お気軽にご参加下さい。一緒に Beatly & Veggy なひとときを過ごしましょう。

Thanks! ミートフリーマンデーオールジャパン Meat Free Monday All Japan

Dr.竹迫のミュージック・クリニック レッド・ローズ・スピードウェイ特集・前編 1月20日放送
小児科医でシンガーソングライターの竹迫倫太郎がパーソナリティを務めるFMゲンキ(79.3MHz)の人気番組 Dr.竹迫のミュージック・クリニック 。今月は4週にわたり、先月リリースされたポール・マッカートニー・アーカイブ・コレクション特集を放送中です。3回目の今回は「Red Rose Speedway 特集・前編」です。私も出演させて頂きました。ネット放送あり、PC・スマホから聴けます。皆さん、お聴き逃しなく!

レッド・ローズ・スピードウェイ

Dr.竹迫のミュージック・クリニック Wild Life 特集・後編 1月20日(日) 21:00~21:30 FMゲンキ

今回から2回に亘り、昨年12月7日にリリースされたポール・マッカートニー・アーカイブ・コレクション第12弾『レッド・ローズ・スピードウェイ』を特集します。今回は前編です。ゲストに今回も日本随一のポール・マッカートニー・ファン・ブログ「つれづれなるままにwingsfan」の管理人でいらっしゃいますwingsfanさんに御登場頂き、濃いポール談義を繰り広げて行く予定です。どうぞお楽しみに!

Big Barn Bed / Paul McCartney & Wings (from 『Red Rose Speedway』)

My Love / Paul McCartney & Wings (from 『Red Rose Speedway』)

One More Kiss / Paul McCartney & Wings (from 『Red Rose Speedway』)

Little Lamb Dragonfly / Paul McCartney & Wings (from 『Red Rose Speedway』)

竹迫倫太郎
1978年兵庫県姫路市生まれのミュージシャン&小児科医。幼少期より父親の影響で洋楽に親しむ。中高生になるとポール・マッカートニーからの強い影響でギター、ピアノ、更には作詞・作曲を始める。また、ブライアン・ウィルソンからの影響でコーラス・ワークを重視した編曲の面白さに目覚める。2002年、琉球大学在学中に沖縄のインディーズ・レーベル Climax Entertainment より、ウエストコースト・ロックからの影響色濃いミニ・アルバム「The Season Of Love」でデビュー。その後も同レーベルから、AOR、シティ・ポップなどと評されることの多い作風でコンスタントに作品を発表。2006年、医師免許取得に伴い音楽活動を休止。2012年、FM番組「Dr.竹迫のミュージック・クリニック」の開始をきっかけに音楽活動再開。2017年にはアルバム「Union」を発表。小児科医として日常診療を行いながら不定期に音楽活動を行っている。

Thanks! 竹迫倫太郎


関連Blog
1/13のBlog FM Dr.竹迫のミュージック・クリニック ワイルド・ライフ特集・後編 1月13日放送
1/6のBlog FM Dr.竹迫のミュージック・クリニック ワイルド・ライフ特集・前編 1月6日放送
1/2のBlog FM Dr.竹迫のミュージック・クリニック ウイングス特集 1月6日から4週連続放送


ムック ビートルズ・ストーリー '75 1月31日発売
ビートルズ・メンバーの全活動を1年1冊にまとめたムック ビートルズ・ストーリー '75 が1月31日に発売されます。世界に向って大きく羽ばたいて行く ”1975年のウイングス”について原稿を書かせて頂きました。どうぞお楽しみに (^ ^)w

ビートルズ・ストーリー Vol. 13 '75

CDジャーナルムック新刊 ビートルズ・ストーリー '75 / 藤本国彦 1月31日発売
2019年以降も、3月のリンゴ・スターの来日公演や秋に控える『アビイ・ロード』50周年記念盤をはじめ、ビートルズ関連の話題は尽きません。世界的にも例を見ないソロ時代を1年ごとにまとめた本書も、シリーズ13冊目となります。ビートルズが法的に解散した75年も、ポール・マッカートニー率いるウイングスの幻の日本公演の当時の報道や写真家ボブ・グルーエンの独占新インタビューなど、記事は盛りだくさんです。どうぞご期待ください。

巻頭カラー ~ 貴重写真で楽しむビートルズ
特集 : 75年のビートル・アローン ~ ジョン、ポール、ジョージ、リンゴ
ビートルズ、法的に解散 (野咲良)
ジョン『ロックン・ロール』発売までの顛末 (和久井光司)
ウイングスは世界を目指す (梅市椎策)
ウイングス日本公演中止の余波 (大村亨)
ボブ・グルーエン最新インタビュー ~ ジョンとヨーコを語る (藤本国彦)
概論1975年のビートルズ (藤本国彦)
ビートルズ・ダイアリー 1975
ソロ・アルバム解説『ロックンロール』『ヴィーナス・アンド・マース』『ジョージ・ハリスン帝国』 (青木優・湯浅学ほか)
ソロ・シングル解説 (竹部吉晃・藤本国彦ほか)
ビートルズが教えてくれた (曾我泰久)
アップル・アーティスト : ビリー・プレストン (和久井光司)
ダーク・ホース・レーベル (和久井光司)
1975年のビートルズ・サウンド (川原伸司)
レア音源 (真鍋新一)
映像作品 (竹部吉晃)
歌の言葉 (朝日順子・奥田祐士・藤本国彦)
メモラビリア (大村亨・島乙平・山口茂)
パロジャケ
ブートレグ名盤
レコスケくん (本秀康)
僕とリアルタイムのビートルズ (牧野良幸)
ポールがジョージにジョンずにリンゴの絵を描いた (安田謙一・辻井タカヒロ)
ぼくは高校時代にビートルズを中古で買い集めた (大橋裕之)
写真家とビートルズ (井上ジェイ)
ビートルズ・サウンドを奏でた楽器 (大須賀芳宏)
名カヴァー&珍カヴァー (真鍋新一)
ビートルズとファッション (吉野由樹)
ビートルズと女たち (加藤正人)
ビートルズゆかりの地 (福岡耕造) 他

サイズ A5判
ページ 128ページ
定 価 1500円 (税込)
ISBN  9784909774033

ビートルズの法的解散やアップルの閉鎖、ウイングスの幻の日本公演、ジョンの主夫業開始、そしてボブ・グルーエンの最新インタビューと、今回も話題は豊富ですが、4人揃ってのソロ活動の終焉を見届けつつ、「75年本」で一旦このシリーズは終了することになりました。「一旦」と書いたのは「80年本」は残したいと思っているからですが、まずは流れに沿って、区切りのいいところで終わり、とさせていただきました。表紙は、すみませんウイングスじゃなくてこれにしました。ご愛読のほど、よろしくお願いします。 (藤本国彦)

Thanks! 音楽出版社


関連Blog
1/3のBlog ムック ビートルズ・ストーリー '75 1月31日発売




TV , ラジオ
1/24 12:00~13:15 ビートルズ VS ストーンズ スターチャンネル
1/27 21:00~21:30 Dr.竹迫のミュージック・クリニック Red Rose Speedway 特集・後編 FMゲンキ
1/27 25:45~26:50 ビートルズ VS ストーンズ スターチャンネル

本 , 雑誌 , ムック
1/29 絵本 All you need is LOVE
1/30 ルーフトップ・コンサートのビートルズ 世界を驚かせた屋上ライブの全貌
1/31 ビートルズ・ストーリー '75
2/23 ビートルズと過ごした日々: デレク・テイラー自伝
9/5 絵本 Hey Grandude!
年内 ジミー・マッカロック伝記本

イベント
2/1 19:00 ミートフリーマンデー・ナイト
2/3まで 1960s Rock n Roll Artists: A Photographic Journey -甦る奇跡の時間-
2/9 ビートルズ講座第6弾 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】
2/17 11:30 代々木公園ビートルズフェス ~Anthology~
2/27 19:30 ジョージ・ハリスン・トリビュート「GENTLE GUITAR MELODIES」CD発売記念ライブ&トーク
3/9 ビートルズ講座第6弾 ビートル・アローン Vol.2 【ソロ編/1970-1980】
3/23~31 THE BRITISH ROCK NAGOYA MUSIC LIFE Special Shop 名古屋
3/24まで テリー・オニール写真展 Terry O’Neill : Rare and Unseen (ビートルズ、ポール・マッカートニー写真出展)
4/22まで Double Fantasy – John + Yoko 英国

CD
2/27 トミー・リピューマ・ワークス (ポール・マッカートニー楽曲収録) 3CD
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

映画
3/29 ザ・ビートルズ ~ EIGHT DAYS A WEEK 名古屋
5月 ドント・ウォーリー (ジョン・レノン楽曲使用)
秋 エセルとアーネスト (ポール・マッカートニー楽曲使用)
秋 タイトル未定(ジョンとヨーコの伝記映画)
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018

Blu-ray , DVD
年内 ポール・マッカートニー Paul McCartney Live At The Cavern 2018
2020年? ビートルズ レット・イット・ビー

アナログ盤
年内 オノ・ヨーコ ストーリー , シーズン・オブ・グラス , イッツ・オールライト , スターピース , 未完成作品第3番 ウェディング・アルバム

Freshen Up - Paul McCartney

3/20 チリ サンティアゴ National Stadium
3/23 アルゼンチン ブエノスアイレス Polo Ground
3/26 ブラジル サンパウロ Allianz Parque
3/30 ブラジル クリチバ Estadio Couto Pereira
5/23 米国 ルイジアナ Smoothie King Arena
5/27 米国 ノースカロライナ PNC Arena
5/30 米国 サウスカロライナ Bon Secours Wellness Arena
6/1 米国 ケンタッキー Rupp Arena
6/3 米国 インディアナ Allen County War Memorial Coliseum
6/6 米国 ウィスコンシン Kohl Center
6/8 米国 グリーンベイ Lambeau Field
6/11 米国 イリノイ TaxSlayer Center
6/14 米国 アーリントン Globe Life Park
6/22 米国 サンディエゴ Petco Park
6/26 米国 アリゾナ Talking Stick Resort Arena
6/29 米国 ラスベガス T Mobile Arena
7/10 米国 サンノゼ SAP Centre
7/13 米国 ロサンゼルス Dodgers Stadium

Ringo Starr And His All Starr Band

3/27 日本 福岡 サンパレス ホテル&ホール
3/29 日本 広島 上野学園ホール
4/1 日本 仙台 東京エレクトロンホール宮城
4/2 日本 福島 けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター) 大ホール
4/3 日本 東京 昭和女子大学人見記念講堂
4/5 日本 東京 ドームシティホール
4/6 日本 東京 ドームシティホール
4/7 日本 東京 ドームシティホール
4/9 日本 名古屋 Zepp Nagoya
4/10 日本 大阪 あましんアルカイックホール
4/11 日本 大阪 オリックス劇場